2018年11月17日 (土)

サウンド・ペインティング

サウンド・ペインティング

■実施日:2018年11月14日
■ワークショップ担当:音楽音教デザインコース学生3名
■テーマ:「サウンド・ペインティング」による音楽づくり
■概要:サウンドペインターと呼ばれる指示役が様々な演奏サインを出して、音楽を紡いでいく音楽創作の方法論をサウンド・ペインティングと呼ぶ。受講学生に様々な楽器を持参してもらい、段階を踏みながら、多様な音響や音楽を産み出すことを試みた。


YouTube: サウンド・ペインティング


■まとめ
ロングトーン、点描音、パターン音形、音量や音密度の変化、即興演奏など今まで邦楽ワークショップで学んできた様々な要素の組合せであり、集大成的な意味合いを持つテーマであった。今回は多くの種類の楽器を持ち寄ることにより豊かな色彩感の音響を実現できたところに興味を持てた。またワークショップリーダーが段階を踏んで分かりやすく全体を導くことができていた点で評価できた。各自が持っている音楽性を発揮しつつ、今までの音楽づくりの体験を活かすことができる方法論であることが確認できた。
サウンド・ペインティングを行うに当たり、前提初期条件として使用できる音やモードを指定することにより、音楽の方向性を明確にすることを今後、機会があれば試したい。[担当教員:山口賢治]

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/34152177

サウンド・ペインティングを参照しているブログ:

コメント

サウンドペインティングという言葉を初めて聞いたのでどんなものかまったく想像出来なかったのですが
サウンドペインターさんの指示ですごく色とりどりな音色が聞こえてきてとても楽しくユニークな印象を受けました。楽器だけでなく身体や声、身の回りにあるものでも演奏が出来るということでどこでも気軽に楽しめる演奏方法の一つだと思いました。

この授業を受けたのですが、はじめはなにをしたいのか?あまり理解できなかったのですが、指示役の人が分かりやすく楽しく、教えてくれたおかげで、いろんなサインに対していろんな音を出したりすることがとても楽しく、毎回が新しい音楽になるのがとても楽しかったです。私自身バレエコースなのですがサウンドペインティングで即興で踊ったりしたらすごく楽しいだろうなと思いました。

はじめは難しく、分からなかったのですが、だんだん理解できるようになると楽しくなってきて、気づいたらすごく夢中になっていました。いろんな音を自分で生み出すことがすごく楽しいなと感じました。サウンドペインティングは、気軽に自分の体や周りのものを使って音を出せるので、小さい子でもわかりやすいし、楽しめると思いました。