2021年8月13日 (金)

箏を使ってブルースの音楽にチャレンジ

箏をブルースの音階にして音楽づくりをした。

調弦C,E♭,F,G♭,G,B♭,C,E♭,F,G♭,G,B♭,C

授業のながれ

1.まず調弦になれるために自由に箏を弾いてみる

2,色々な技も復習してみる

3,学生の一人にピアノで写真の基本的なブルースの伴奏を弾いてもらい、一人ずつ12小節の即興で回す

4,それに飾りやパターンを自由に加えてみる

5,小説数などに関係なく、グループで自由に創作、発表。

まとめ

爪の箱を持った学生が中央でリズムを刻み、他の学生はまさにブルースの音楽に浸りながら自由に即興していて、素晴らしかった。

学生自身もまさか箏でブルースができるなんて!!!と驚きつつも楽しく音楽をつくってくれて、とても嬉しかった。

2021_06_29_10_07


YouTube: ブルースによる箏の音楽づくり2021拍あり


YouTube: ブルースによる箏の音楽づくり(拍なし)


受業担当 吉原佐知子 記

箏を使ってソーラン節による音楽づくり

調弦 EGACDEGACDEGA

題材について

ソーラン節は北海道の有名な民謡である、今回はソーラン節を題材に音楽づくりをすることにより、5音音階で調弦された箏では簡単に音楽づくりができることを実感してほしい。

授業のながれ

1,ソーラン節のメロディの練習

2,特殊奏法の練習

3,独自の奏法を見つける

4,パターン重ね

5,ソーラン節の一部を使ったドローンの上で即興でメロディを重ねてみる

6,即興の上に飾りをする人も加えてみる

7.ドローンを無拍にしたり、有拍にして、その上で自由に即興してみる。

8,グループで今までやってきた活動を組み合わせて音楽づくり

結果

どこかでソーラン節のフレーズが流れている上でそれぞれがよく聴き合って自分の役割を考えながら、適材適所で音を構築し、素敵なソーラン節の音楽づくりができていた。

生徒達も5音音階で濁る音がないので、思ったより簡単に音楽づくりが出来た、という感想が多かった。


YouTube: ソーラン節による音楽づくり

授業担当 吉原佐知子 記

2021年7月19日 (月)

◆実施日:5月19日

◆担当:山口賢治

◆テーマ:オンラインので音楽づくりワークショップ

     〜音の密度の確率的制御による音楽づくり〜

以前に「音の密度や強弱から音楽をつくる〜クセナキス 作曲「アホリプシス」を参考に音楽づくり〜」を行なったが、

https://blog.senzoku.ac.jp/hougaku/2016/08/post-a970.html

この方法をオンライン上での音楽づくりに適用した。


YouTube: オンラインので音楽づくりワークショップ 〜音の密度の確率的制御による音楽づくり〜

この方法論を採用した理由は、オンラインによるタイムラグの影響をほとんど受けずに実施できると判断し、試行した。但し講義授業用のオンラインシステムでは、音楽的な質の高い音響や明確な音色感、音量の繊細な強弱をサウンドに反映させることには制約が生じる。なので今回は音の密度や高さ、発生する単語の意味が持つニュアンスを中心要素として音楽を組み立てた。参加者にはストップウォッチを準備してもらい、時間の刻みに従って音楽を進行させた。

演奏に参加できる人数制限やマイクデバイスの性能差によるばらつきの影響など、調整が必要な課題があったものの音楽づくりを進めることが可能であった。また今回の試行で得られた音響は、高音質ではないものの、かつてのテープ音楽やミュージックコンクレート的な音響世界が結果的に生み出された。このような体験をもとに、過去のテープ音楽やミュージックコンクレート作品の鑑賞に繋げるプログラムの可能性を見出すことができた。

2021年4月30日 (金)

■実施日 2020年9月23日

 

■担当 山口賢治

 

■テーマ 

オンライン上でパターンミュージック 

~通信遅延の問題と時間の共有をテーマに~

 

■概要

コロナウィルスの蔓延状況下において、近日は中学、高校でクラスター感染が広がるなど事態の収束が見込めていない。今後、PCR検査陽性者数の増加に伴い、オンラインによる授業の常態化の可能性もある。

現在の通信環境下でオンラインによる学校教育を実施する場合、最も障害を受ける科目は音楽となる。歌唱や器楽演奏を行う場合、特殊な作品を除き通常はリズムすなわち時間の共有を前提とするが、オンラインの場合は通信遅延や音質の問題があり、大きな制約を受ける。

現在でもヤマハのSYNCROOMなどに代表されるデバイスを介することにより、通信の遅延時間を小さくして、オンライン上でのアンサンブルは可能である。しかし学校の音楽教育の現場においてこのような音楽デバイスを生徒全員に配備することは現実的でない。

今後5G,6Gと通信技術が進めば、特別なデバイスを用意しなくても通信遅延が限りなく小さくなり音質の向上も見込め、オンラインでの音楽活動や教育も制約なく行える環境が整えられると考えられる。しかし、暫くは通信環境の制約を前提とした音楽オンライン教育プログラムの研究と実践が求められる。

昨年度の「~ メトロノームで音楽づくり ~」続いての音楽づくりオンラインワークショッププログラムの試行になった。

 

■準備

ストップウォッチ、各自が声や音が出せる環境

■課題

ストップウォッチによる時間共有の中で音声通信の遅延を織り込んで上で、どのような音楽づくりが可能か探る。

■実施プログラム

①リーダーの合図で手拍子を打つ 

確認事項として遅延時間、遅延時間のズレを調べた。全員同じようにズレるのか、つまり同じ遅延時間で手拍子が揃うのか、それとも受講学生ごとに遅延時間が異なり、手拍子がバラバラに

なってしまうのかを確認した。結果は判然としなかった。手拍子が揃う場合とバラバラになる場合の両方があり、揃わない原因が通信の遅延時間の違いなのか、手拍子を叩くタイミングそのものが合っていないのか、もしくは両方なのか判断できなかった。 

リーダーの合図に対して手拍子を叩く人数を変えて試したが、現在の大学のmeetのシステムだと3~4名くらいまでの妥当な参加人数だと判断した。

②リーダーの合図でストップウォッチのスタートスイッチを押し、10秒後に手拍子を叩く試行を行った。

③ ②でストップウォッチで時間を共有する方法がある程度うまくいくことがわかったので、10秒後、12秒後、14秒後、16秒と2秒毎に手拍子や掛け声を出してみた。これによりオンライン上でのパターンミュージックの実施が可能である判断できた。

④ リーダーと3名の参加者(A,B,C)で次のルールでパターンミュージックを試みた。

   A…10秒から0,1を繰り返しカウントする。

   B…15秒から0,1,2,3,4を繰り返しカウントする。

   C…20秒から0,1,2,3,4,5,6,7,8,9を繰り返しカウントする。

⑤ ④で0の時に手拍子を入れたり、数字を唱える声質をかえてみた。

オンラインの場合、声の強弱変化はマイクのミュートやブースト機能によりあまり効果が出ないので、避ける方が無難に思えた。

⑥ ④や⑤の試行に以下のDの要素を加え、さらなる変化のヴァリエーションを加えた。

   D…30秒、1分、1分30秒、2分になったら数秒拍手を入れる。

⑦適宜即興的に音程を変化させて数字を唱えた。但し、0の時は必ずDの音程にすることをルールとした。その際にD音程が確実に捉えられるようチューナでDの持続音を鳴らす対応をした。このような仕組みにより様々な変化が生じ、かつ音楽的な秩序を感じさせる構成の音楽が表出された。

■考察

ストップウォッチによる時間共有は上手く機能した。各自の遅延時間が同じであれば問題は生じない。もし遅延時間が受講者によって異なる場合が生じた時には、遅延時間が僅かに長い参加者はリーダーの合図より少し早めにスタートボタンを押す対応方法が考えられる。受講生は音楽大学学生で訓練されているので、僅かな始動タイミング調整の能力は有している。

メトロノームを使わずストップウォッチを用いた理由は、メトロノームの場合、スタートボタンを押してから作動するまでに幾ばくかのタイムラグがある機種があるためである。

大勢の参加者の場合、全員が同時に参加することは難しいか、少しずつルールを変えたり加えたりして、ローテーション制を取れば対応できる。

数字を唱える代わりに音具を用いることも考えられ、今後の課題としたい。

2020年10月10日 (土)

■実施日 2020年9月23日

■担当 山口賢治

■テーマ 

箏による音楽づくり 〜武満徹 作曲「11月の菊と霧の彼方から」で使用されている二つのモードを活用して〜

■概要

第2回日本音楽国際コンクール、ヴァイオリン部門の課題曲として作曲されたヴァイオリンとピアノの二重奏曲である武満徹 作曲「11月の菊と霧の彼方から」で使用されているモードを活用し、箏による音楽づくりに当て嵌めてみた。この作品ではモードA(B♭、C、E、F♯、G、A♭)の六音が主となる空間的素描となり、残りの六音によるモードB(D、E♭、F、A、B、C♯)が影のように扱われている。この二つのモードで調絃した箏を用意し、音楽づくりを試みた。参考作品の曲想に寄り添うように爪は嵌めずに指(ピッチカート奏法)で試演した。


YouTube: 箏による音楽づくり 〜武満徹 作曲「11月の菊と霧の彼方から」で使用されている二つのモードを活用して〜

■概要

基本的な動機やモチーフ、中心音は今回設定しなかったので、音楽に捉え所が無い雰囲気となった。これはこれで面白みがあると思われるが、二つのモードの絡み合わせなど再度、工夫をしてより効果的な音楽効果が得られるよう再挑戦してみたいと感じた。

2020年8月15日 (土)

■テーマ
音楽づくりオンラインワークショッププログラムの試行
〜 メトロノームで音楽づくり 〜

■実施日
2020年8月12日

■担当
山口賢治

■概要
コロナウィルス蔓延の状況下では、大勢の人が集まるイベントは難しい。音楽づくりワークショップにおいても同様に多くの人が密集し、声を出したり、体を触れ合う場合もあるため対面での実施には慎重を期す必要がある。
通常の講義授業ではオンライン講義でも充分な学習効果が期待できるが、ワークショップの場合には様々な制約(通信のタイムラグ、画質、音質など)があり対面実施と比較してワークショッププログラムの実行に多くの困難がある。具体的にはリズム遊びなど参加者全員がリズムを共有することを前提としたプログラムは現在の通信環境ではできない。
暫く、まだ人の移動や接触自粛の状態が続くと予想されるので、音楽づくりオンラインプログラムの作成が喫緊の課題となる。
今回は音楽づくりオンラインプログラムの一例としてメトロノームを用いたオンライン上での音楽づくりを試みた。

■プログラム
参考作品としてリゲティ 作曲「100台のメトロノームのためのポエム・サンフォニック」や一柳慧 作曲「電気メトロノームのための音楽」を鑑賞した後、これを参考に各自が用意したメトロノームで音楽づくりを試みた。


YouTube: メトロノームで音楽づくり〜オンラインでのワークショッププログラム〜

■課題
ひとり暮らしで大きな音は出せない部屋、家族が同居している部屋、野外やカフェ、駅構内からなどオンラインで受講している学生の環境がまちまちであった。学内のカフェからオンライン受講している時にはメトロノーム音と共に周りの楽器の練習音や会話が入り込んでしまう現象が起きてしまった。プログラムの計画実施に際して、オンライン受講している学生の環境を考慮に入れることが重要であることがわかった。なるべく周りの音が入らない環境で受講するのが理想であるが、逆に周りの環境音も音楽に取り入れてしまう方法論も考えられる。
音楽づくりオンラインプログラム教材の開発はこれからの重要で大きな課題である。

2020年6月 2日 (火)

2019年度最後の授業です。
1月8日のワークショップはR&PドラムコースのY君がリーダーでブルースを題材に音楽づくりをしました。
箏の調弦とピアノの伴奏譜は坪能先生からいただいたプリントを使いました↓

Photo_3

流れと授業者の感想は以下です。

ワークショップ流れ

ブルースの特徴の説明
(スケールや12小節で回すことコードのテンプレートなどの説明)

実際にブルースの名曲を聴いてもらう。

まとめ
実際に即興で用意したオケや
ピアノバッキング合わせてみる(参加者が慣れてきたら12小節でソロ回しなどしてみる)
ソロ回し↓





YouTube: trim 83EAA239 BE76 452D 9D5C 9B01AD79C685


全体合奏↓





YouTube: trim 778C0759 9B07 48DE A4F2 D7FA4279AA90


ワークショップリーダ学生の感想

琴×ブルースの前例を全然目にした事がなく、今日どうなってしまうのやろうと思ってましたが、意外とみんな
各自のセンス、各自のグルーブでソロ回しなども弾いてくれて、ブルースセッションの新しい可能性なんじゃないか。もしくはブルースセッションに琴って実はめちゃくちゃいいアクセントなんじゃないか。と思ってしまうくらいでした。

反省点としては、もう少しブルースのついて深く掘り下げられたら良かったかなと思いました。ブルースのプレゼンとしての背景が少し薄かったのは今回の1番の反省です。

担当講師の感想
一年間の総決算の授業としてふさわしく、みんなでブルースの音階でピアノや打楽器も加えて様々な奏法を駆使してよく聴き合って音楽づくりが出来ていた。
それぞれの学生が自分の専門分野に戻った時にも邦楽器に触れつつ、この1年間で体験した様々な音楽の構造や様式を思い出して、活躍してくれたら嬉しいです。

吉原佐知子 記

2019年10月17日 (木)

■テーマ
ミュージックコンクレートによる音楽づくり体験
 
■実施日
2019年10月16日

■ワークショップリーダー
音楽音響デザインコース学生3年生

■実施概要
”サウンドスケープ(音風景)”や”ミュージックコンクレート(具体音の組合せによる音楽)”の概念説明や作品例の鑑賞から入り、実際に短いミュージックコンクレートの作成を試みた。予め用意した具体音源10種類の中から5つの音源を選択し、音を組合せて簡易的ではあるが、音楽作品を作った。

Onsozai


                                                                                                                            用意した音源

下記の譜例のようにグループで話し合って、簡単な楽譜を作成し、これに基づきパソコンで音源を構成し、音を聴きながら修正、追加などの作業を行って作った。
 

Hurei



                                                                                                          
譜例


YouTube: ミュージックコンクレートで音楽づくり体験


■まとめ
日本の伝統音楽作品には、例えば宮城道雄 作曲「谷間の水車」にある水車の軋む音を模した尺八の演奏箇所や「虫の武蔵野」の中で虫の鳴き声を描写したと思われる箏の表現などに見られるように、自然の音や音風景を音楽の中に取り入れた作品がある。そう言った意味で、身の周りの音と自分たちの関わりや環境音と文化の関係を改めて考えることは、音楽作品のより深い理解や鑑賞にも役立つと考えられる。ミュージックコンクレート作品の試作体験は、その創作過程を通じて、環境の中で音と私たちのかかわり考えるきっかけとなる良い教材になったと思われる。
当初の計画では、ミュージックコンクレート作品で使用する音素材の採取作業から始める予定であったが、時間や当日の天候のよる理由でワークショップリーダーが予め用意した音源を使用することとした。90分1枠では時間的制約により、まずはそれぞれの音素材をじっくり聞いてみるステップを省略せざろう得ず、充分な音選択の吟味ができなかったが、一応短い作品でも形にすることができたのは意義深い。作品をつくる過程で、それぞれの音素材の持つイメージや意味、象徴に思いを巡らしたり、音によるストーリーを推考する貴重な体験の場を設けることができた。
1954年に設立されたNHK電子音楽スタジでやっていたような内容が、今や学生が一台のパソコンを使って模擬授業形式で、気軽に作って体験できる時代になりテクノロジーの進化を示す授業であったと感じた。充分に時間を確保し、中学生くらいを対象とする教材カリキュラムにまとめると面白いと思われる内容である。

■執筆
山口賢治

2019年9月25日 (水)

◆実施日 2019年9月25日
◆担当ワークショップリーダー:邦楽コース学生
◆テーマ:日本の箏と中国の箏による音楽づくり 〜箏の音色の違いを体感する〜
◆用意した楽器:箏、古箏、打楽器(桶胴、鈴)
◆実施概要:今年度最初の学生によるワークショップは現代邦楽コース所属の中国からの留学生が担当。古箏(中国箏)の奏者で日本の箏を勉強するために来日し、研鑽を積んでいる。音楽づくりを通じて、日本の箏と比較しながら古箏について知ってもらい、日本の箏との合奏も試みた。打楽器と組み合せることにより箏の即興演奏をしやすくする工夫が行われた。

Img_0001













古箏と日本の箏の組合せは邦楽ワークショップの授業では初めてであり、絃、爪、楽器の構造、奏法などの違いを知ることができ、参加学生の興味を惹くことに成功した。下の写真は古箏の爪を装着している様子。日本の箏は爪に装着された皮の輪っかに指を押し込むの対して、古箏は爪をテープで指に巻き付ける装着する。

Img_0004


   
   
   
   
   
   
 

  
  
  


事前に資料(プリントや視聴覚資料)を事前に用意して、分かりやすい解説とワークショップリーダー自身による古箏の見本演奏があれば、より充実した内容になったと思われる。このワークショッププログラムを完成させれば、日本では古箏、中国では日本の箏について知ってもらえる教材として活用が期待出来る。


YouTube: 日本の箏と中国の箏による音楽づくり 〜箏の音色の違いを体感する〜

      

ワークショップリーダーを務めるのは今回が初めてであり、不慣れな点が見受けられたが、経験を積めば古箏および日本の箏の両方を弾く奏者としてオリジナリティのあるワークショップが実施できると感じた。将来母国中国での実施を望む。

記載:山口賢治

2019年9月19日 (木)

【実施日】2019年9月4日  
【担当】山口賢治
【テーマ】打楽器を使って音楽づくり 〜コール&レスポンスとその応用〜
【概要】
手拍子および現代邦楽コースの備品として保管してある様々な打ち物(太鼓、鼓、木鉦、木魚 等)を使って音楽づくりを行った。コール&レスポンスの手法を使い、徐々に小節の拍数が減じてゆく構造やランダムにアドリブを指名する等、参加者の緊張感を誘う工夫を試みた。


YouTube: 打楽器を使って音楽づくり 〜コール&レスポンスとその応用〜

【実施プログラム】
① 0:00〜0:18
A,Bの二つのグループに分け、4/4拍子で2小節(8拍)づつA,B交互に自由なリズムで手拍子を叩いてた。
② 0:18〜0:40
A2小節(8拍)→B2小節(8拍)→A&B1小節(4拍)の繰り返しで手拍子を叩いた。
③0:40〜1:00
 A(8拍)→B(8拍)→ A(4拍)→B(4拍)→ A(2拍)→B(2拍)→ A(1拍)→B(1拍)の区切りで手拍子を試みた。交互の手拍子の拍数を順次縮めることにより集中力が求められる工夫をした。
④ 1:00〜1:24
A(8拍)→B(8拍)→ A&B(4拍)→A(4拍)→B(4拍)→  A&B(4拍)→ A(2拍)→B(2拍) → A&B(4拍) → A(1拍)→B(1拍)と叩いた。 ③の発展系で、拍数の変わる境に A&B(4拍)を挿入した。
⑤ 1:24〜2:22
A(8拍)→B(8拍)→ A&B(4拍)→ A(7拍)→B(7拍)→ A&B(4拍)→ A(6拍)→B(6拍)→ A&B(4拍)→ A(5拍)→B(5拍)→ A&B(4拍)→ A(4拍)→B(4拍)→ A&B(4拍)→ A(3拍)→B(3拍)→ A&B(4拍)→ A(2拍)→B(2拍)→ A&B(4拍)→ A(1拍)→B(1拍)。順次拍数が減じる形式とした。
⑥2:22〜3:05
A(8拍)→B(8拍)→ A(7拍)→B(7拍)→ A(6拍)→B(6拍)→ A(5拍)→B(5拍)→ A(4拍)→B(4拍)→ A(3拍)→B(3拍)→ A(2拍)→B(2拍)→ A(1拍)→B(1拍)。⑤の構成から A&B(4拍)を抜いた形。
⑦ 3:05〜3:17
打楽器選び。
⑧ 3:05〜3:39
打楽器を使って②を実施した。
⑨ 3:39〜4:22
打楽器を使って⑥を実施した。
⑩4:22〜4:55
 全員で4拍→aさん個人の8拍のアドリブ→ bさん個人の8拍のアドリブ→全員で4小節→ cさん個人の8拍のアドリブ→ dさん個人の8拍のアドリブ→全員で4小節→以下同様。アドリブを行うaさん、bさん、cさん、dさんはランダムに指名した。何時自分にアドリブの順番が回ってくるか予測出来ないので、各自緊張感を持って演奏に参加できる仕組みとなっている。アドリブ奏者の指名が1人に重なることがあるが、その際は8拍×2回=16拍のアドリブを行うこととした。

【考察】
今回はコール&レスポンスの応用の一つとして試みとして、様々な応答の枠組みでリズムによる音楽づくりを行った。参加者の音楽的レベルに合わせて応答の枠組みを設定することにより、様々な場で活用出来る方法論であることが確認できた。特に ⑩ の方法はある種のゲーム性があるので、参加者にとって良い意味で緊張感や緊迫感があり、場を盛り上げることができた。反省点としては、打楽器を選ぶ際に各自が自由に好きな楽器を選んでため、AグループとBグールプで音群として音色の違いが明確でなかったが悔やまれた。例えばAグループは高音、Bグループは低音の楽器でまとめるなど、予め音楽的効果を計算して楽器選択の仕掛けや準備をすることにより、より面白く構成が明確な音楽になると思われる。