2018年10月 5日 (金)

冬の音楽祭 邦楽コンサート 〜伝統の音色、現代の響き〜

古典から現代邦楽の名曲、このコンサートための新作初演など様々な日本の伝統音楽を聴くことができる洗足現代邦楽コースならではの内容。今回は冨田慎平 作曲「和太鼓独奏曲 - 怒涛 -」と松尾祐孝 作曲「新譜音悦多Ⅲ〜架空の民謡による音風景集〜」の2作品が初演作品。将来を担う若い奏者を中心とした演奏をお楽しみください。

http://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=2069&schedule_calendar_year=2018&schedule_calendar_month=12

En1863_cs5

邦楽ミュージカル「三人娘★恋仇討」

洗足学園音楽大学のミュージカルコースと現代邦楽コースのコラボによるオリジナルミュージカルの初演が10月13日(土)と14日(日)に洗足学園前田ホールにて開催(入場無料)。

「三人娘★恋仇討」

今度は幕末!ええじゃないか!恋の仇討ち、坂本龍馬をやっつけろ!

http://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=2034&sub_genre_id=1

http://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=2034&sub_genre_id=1

天下一の千葉道場で出会った、のちに坂本龍馬の婚約者となる「千葉さな」、のちに浪士隊に入る女剣士「中沢こと」、のちに唐人おきちと呼ばれるようになる芸者「斎藤きち」。そんな三人の前に立つのは龍馬の妻「楢崎おりょう」。激動の幕末を剣と音曲と恋に生き抜いた女たちを待つ運命とは!『恋娘近松合戦!』『夏花火恋名残』に続く、洗足学園音楽大学が誇るJAPANESEポップミュージカル第三弾、未来に向かって突き進め!

En1854_front

洗足学園音楽大学が総力を挙げてお送りします。

En1854_bsck_2

【公演解説】

邦楽ミュージカルとは、今から遡ること8年前、洗足学園音楽大学ミュージカルコースと現代邦楽コースのコラボレーションから生まれた、まったく新しいオリジナルミュージカル。

疾走感のあるストーリー、怒涛のタップダンス、洋楽器と邦楽器の奇跡の融合を見せた一作目『恋娘近松合戦!』は「これぞジャパニーズ・ポップ・ミュージカル」と絶賛を浴び、3年連続で上演された。

二作目となる『夏花火恋名残』は、再び脚本に中屋敷法仁氏を迎え、2014年の初演以来毎年上演された。とりわけ今年2018年2月の、あの歴史と伝統のある新橋演舞場での華々しくも観るものの心を鷲掴みにした公演は記憶に新しい。

そして、今回三作目となる『三人娘☆恋仇討』。坂本龍馬を巡る女性達の生き様をテーマにしたこのミュージカルは、過去の作品を踏まえつつも新しいテイストを加え、更に進化している。

継続は力なり。まさしくその言葉通り、この邦楽ミュージカルは、世界に発信する日本のミュージカルとして年々成長し続けており、おかげさまで業界での認知度も高い。幸いなことに様々なご縁があり、発足当初から関わって来た私にとって、この邦楽ミュージカルは、私の貴重な財産であることは間違いない。 《ミュージカルコース統括教授 篠原真》

2018年8月28日 (火)

大学院特別講座 〜福田栄香先生をお迎えして〜

大学院特別講座

〜福田栄香先生をお迎えして〜

Unnamed

2018年9月29日 (土) 9:30〜11:30

洗足学園音楽大学C501教室 (アンサンブルシティ5階)

受講・聴講  無料

 

気鋭の邦楽演奏家=福田栄香先生をお迎えして、大学院生の公開レッスンとワークショップを開催して、古典の神髄を探訪します。和楽器専攻生、大学院生に限らず、また外部の一般の方の聴講も歓迎です。

 

【プログラム】

 9:30〜10:30 公開レッスン 受講生:青木里加(院1箏専攻)稲垣美沙(院2箏専攻) 

 10:40〜11:30 ワークショップ  指導・演奏・お話し:福田栄香         

 コーディネーター:松尾祐孝(教授 / 大学院和楽器専攻統括担当)

 

【問合せ】

 洗足学園音楽大学 現代邦楽研究所

 TEL:044-856-2932 MAIL:genhouken01@senzoku.ac.jp

「弾いてびよ〜ん」 アフリカの親指ピアノと世界の口琴

   洗足学園「世界音楽紀行」第9回 入場無料

 

「弾いてびよ〜ん」 アフリカの親指ピアノと世界の口琴

 

 2018年9月29日(土)15:00開演(14:40開場)

 会場 洗足学園中学高等学校・小講堂

Photo

チラシデータは下記よりダウンロードできます。

oyayubipiano.pdfをダウンロード

親指ピアノと口琴はどちらも細長い弁をビョーンとはじいてふしぎな音を出す楽器です。 口元にあてて素朴で複雑な響きを生み出す、世界のさまざまな口琴をお楽しみください。

 

【出演】

 ンゴンベ ウタマドゥニ Ng'ombe Utamaduni(タンザニアのゴゴ族のイリンバとゼゼ)

 アビルベコヴァ アクボペ Abilbekova Akbope(カザフスタンの口琴シャンコブイズ ほか)

 ウメトバエワ カリマン Umetbaeva Kalyiman(キルギスの口琴テミル­コムズ ほか)

 惠原 詩乃 Ehara Utae (アイヌの口琴ムックリ)

 エリ リャオ Eri Liao(台湾タイヤル族の口琴ルブ ほか)

 王 珊 Wang Shan (中国 彝族の口琴ホホ ほか)

 直川 礼緒 Tadagawa Leo(日本の口琴 ほか)

 

入場自由(どなたでもお入りになれます。 乳幼児も可能ですが、他のお客様にご配慮ください)

企画 森重行敏(洗足学園音楽大学 現代邦楽研究所長)

協力 直川礼緒(日本口琴協会)

主催 学校法人洗足学園␣

お問合せ 洗足学園 法人本部 総務 電話 044-856-2953 (9:00-17:00/土日祝休)

全国邦楽合奏フェスティバルin川崎

8月31日から9月2日の3日間に渡り、洗足学園音楽大学 現代邦楽研究所の協力のもと、全国邦楽合奏フェスティバルin川崎(NPO法人全国邦楽合奏協会 主催)が開催されます。一流の演奏家から全国から大勢のアマチュア演奏者、邦楽器商、研究家、作曲家などが集結し、コンサート、シンポジウム、展示会、ワークショップ、講習会、コンテストなど様々なイベントが行われます。邦楽の今がここに来ればわかります。

詳細は下記

全国邦楽合奏フェスティバルin川崎

2018a04

2018年4月26日 (木)

大友美由奈三味線を弾く vol.3~三味線・唄と尺八の世界~

現代邦楽コース大学院卒業の大友美由奈が開催するコンサートシリーズ大友美由奈三味線を弾く
vol.3~三味線・唄と尺八の世界~が開催されます。今回は動物をテーマとした作品によるプログラム。新作初演作品 松本悠理香 作曲「かもめ」(島崎藤村 詩)も聴きどころです。

2018年5月27日(日)
13:30開場/14:00開演
ゲスト尺八/山口賢治
チケット/3000円
場所/目黒芸術家の家スタジオ(目黒駅東口より徒歩6分)

問合せ・チケット購入 moom.330.mm@gmail.com(大友)まで

otomo_chirashi.PDFをダウンロード

18042601

2018年4月23日 (月)

4月21日「尺八奏法研究講座」志村禅保 先生

第一線で活躍する尺八演奏家を招いて様々な曲や流派、ジャンルの奏法や技法が学べる「尺八奏法研究講座」。本講座の今年度最初の講師は志村禅保 先生で現代邦楽研究所では初登場となります。

 

Img_0002 

志村先生は酒井竹翁、酒井松道に師事。また全国の伝承者から虚無僧尺八の演奏技法と楽器の特徴を学び、古管尺八の研究で博士号を取得。1974年から様々な現代音楽作品の初演と制作。コンピュータ音楽では1992年よりCyber尺八プロジェクトを展開するなど幅広い活動をされています。 「虚鈴」を題材に古典本曲や地なし管についてのお話や、長管の深遠な響きを拝聴することができました。


YouTube: 現代邦楽研究所「尺八奏法研究講座」志村禅保 先生

2018年1月30日 (火)

第17回箏曲組歌演奏会

3月11日(日)紀尾井小ホール

開場14:00 / 開演14:30  入場料 ¥4,000-

17kumiutachiomote

主催:箏曲組歌会

後援:洗足学園音楽大学 現代邦楽研究所

 1「雲の上」(裏組)八橋検校 

   現代邦楽研究所 箏曲組歌研究生 

 2「菜蕗」(表組) 八橋検校

   大久保智子 岡崎美奈江 佐藤亜衣

 3「末の松」(中組) 北島検校

   山下名緒野 佐々木千香能 橋本芳子 岡村名吉野

 4「雲井弄斉」(中組) 八橋検校 

   山登松和  田中奈央一 上原真佐輝

 5「友千鳥」(裏組) 久村検校 

   長谷川慎 小池典子 戸波有香子 市川佐代子

 6「若葉」 (奥組) 北島・牧野検校

   亀山香能 川村京子 吉村美穂井 塚田季染 

   7「雪の晨」 (表組) 八橋検校

   芦垣美穗 毛塚珠子 岡村慎太郎

   8「宮の鶯」 (奥組)三橋検校

   鳥居名美野 設楽千聡代 下野戸亜弓 小林名与郁 栗田美香子

 

箏組歌は、現在の箏曲のもとになる手法など、多くの重要な要素を持ち、 シンプルな音型に表される音楽は非常に芸術性に富んでいます。その歌詞は、 文学性の高い美しい言葉で、様々な人間性を表現しており、現代にも魅力的 にアピールします。箏曲組歌会は、山田流、生田流の流派を越え組歌の魅力を探る目的で設立され、今回で17回目の演奏会となります。ベテランから次代を担う演奏家が集い、様々な流派や伝承系統の箏組歌が演奏されます。

 

問合・チケット申込

洗足学園音楽大学 現代邦楽研究所  

電話&FAX 044-856-2932

genhouken01@senzoku.ac.jp 

2017年12月23日 (土)

現代邦楽研究所 第23期 修了コンサート

2017年度の現代邦楽研究所の各講座の研究生の成果発表演奏会です。様々なジャンルの日本の伝統音楽が聴けます。

Chirashi_syuuryouchirashi_syuuryou.pdfをダウンロード

【日時】2018年 1月20日(土) 14:00開場 14:30開演

【会場】洗足学園音楽大学 シルバーマウンテン1F 入場無料

【プログラム】

 「春興」杵屋正邦 作曲          

 「葉守 ~二群の尺八のための~ 角篤紀 作曲         

 「夏祭り」破矢ジンタ 作曲/眼龍義治 編曲   「砧」 宮城道雄 作曲 

 「桂花」唯是震一 作曲

 「下総」柳川検校 作曲 

 「雲の上」八橋検校 作曲

 「二つの個性」 藤井凡大 作曲  

 「和楽器のための合奏曲 四つの旋律」 藤井凡大 作曲  

 

【出演】

 楽しい鼓講座生/尺八奏法研究講座生/やさしい箏合奏講座生/十七絃奏法研究講座生

 箏曲組歌研究講座生/箏合奏研究講座生/三味線組歌研究講座生/総合コース講座生   

 現代邦楽研究所講師/洗足学園音楽大学 学生・大学院生・卒業生

 司会:森重行敏(現代邦楽研究所所長)

【問合せ】 洗足学園音楽大学 現代邦楽研究所

電話&FAX 044-856-2932 メール genhouken01@senzoku.ac.jp

2017年11月21日 (火)

冬の音楽祭 邦楽コンサート

古典から現代作品まで邦楽の名作やジャズの演奏もあります 。学生が中心となり卒業生、講師や卒業生の助演に加え、本学付 属研究機関である現代邦楽研究所の研究生が入り、一丸となって演奏に臨みます。日本の伝統の様々な響きをお楽しみください。

En1764_hougaku_1017

http://www.senzoku-concert.jp/upload/concert/20171017162303adqWQja2.jpg

■日時 
2017年12月2日(土) 14:00開演(13:30開場)

■会場 
洗足学園音楽大学シルバーマウンテン1F 
JR南武線 武蔵溝ノ口駅/東急田園都市線・大井町線 溝の口駅 下車徒歩8分
入場無料

■曲目
「二つの個性」藤井凡大 作曲
 和太鼓二重奏曲  山部泰嗣 作曲(初演)
「虚空鈴慕」琴古流尺八古典本曲
「鳥のように」沢井忠夫 作曲
「My Favorite Things」Richard Rodgers 作曲 他
「新譜音悦多2014」松尾祐孝 作曲

■出演
中島翔(尺八/院2) 関根怜美(尺八/ 院2) 稲垣美沙(箏/院1)
雨宮清嘉(打楽器/4年) 高木しずく(打楽器/2年) 平原愛香(箏/2年)
竹下茉里(箏/1年) 王莹(箏/1年) 吉田智恵美(ピアノ/ジャズコース学3) 
産形典子(箏/卒業生) 新保真佐江(箏/現邦研) 山本ゆかり(箏/現邦研) 
野澤徹也(三味線/講師) 野澤佐保子(箏/講師)

■主催
洗足学園音楽大学・大学院

■後援
現代邦楽研究所
「音楽のまち・かわさき」推進協議会

フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

ブロッガー

Powered by Six Apart