Powered by Six Apart

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

10月も終わり…

こんばんは
 
 
10月最後の今日は、暖かい一日でしたね
 
 
10月31日は、ハロウィン
 
先週末から、いろいろな所で、ハロウィンパーティーが開催されたみたいですね
 
 
私もこれで、ちょっとハッピーハロウィン気分になりました
 
 
そして明日から、11月
だんだん、寒くなってきますが、みなさん風邪には気を付けましょうね
 
 

2011年10月30日 (日)

昭和音大祭

おはようございますsun


昨日、私は友人と午後から『昭和音大祭』に行って来ましたnote

昭和音楽大学と、洗足学園音楽大学のミュージカルコース、

SHOWA×SENZOKUの夢のコラボが実現した「劇団十色」による歌とダンスのレビューを観劇shine


音高時代の友人達が、企画・出演したイベントで、楽しかったですhappy01


そのほかにも、ポピュラーバンドやダンスなどを見たり、短い時間でしたが、『昭和音大祭』を満喫することができましたscissors



洗足でも、来月末から冬の音楽祭FUYUON!2011が開催されますflair

詳細は、またブログでお知らせしますので、お楽しみにheart02

2011年10月23日 (日)

パイプオルガン奏法

さて、昨日のピアノ指導法の授業…
 
先週に引き続き、荻野由美子先生から「パイプオルガン奏法」について学びました
 
 
 
この前は、4号館(練習棟)のお部屋にあるパイプオルガンを使っての授業でしたが、今回は講堂にあるパイプオルガンを弾くことができました
 
 
パイプオルガンは、一つ一つ形や大きさ、構造などが異なるそうです
前回と今回の2つを比較しても、造りの違いや、鍵盤の重さ(タッチ)の違いを感じました
 
 
 
今回弾いたのは、
N.J.Lemmens/Elevation in F Majorと、
J.S.Bach/Toccata con Fuga BWV565の冒頭部分
 
 
パイプオルガンには、ピアノのダンパーペダルにあたる機能がないため、鍵盤を押している間は音が持続しますが、離してしまうと音はでません
 
レガートを指でしないといけないのです
 
また逆に、レガートで繋げようと前の指を鍵盤に残しておくと、次の音と前の音の響きが重なってしまいます…
 
 
少し難しかったですが、とても勉強になりました
 
 
また、冒頭部分ではありますが、あの有名なバッハのトッカータとフーガを弾き、不協和音の重なりが、協和音に解決する響きを体感できました
 
 
パイプオルガンの魅力を、さらに感じることができた今回の授業
また機会があったら是非、弾いてみたいです
 
 
 
 

2011年10月22日 (土)

リスト生誕200 年

私は、ピアノ指導法の授業「パイプオルガン奏法」の講義を受けに学校に行ってきました
 
その内容についてはまた後日…
 
 
そして授業を終え、15時からは、前田ホールで行われたマスターズコンサートvol.3を聴きに行きました
 
 
みなさん、今日、10月22日は何の日かご存知ですか?
 
 
 
そう、フランツ リスト(Franz Liszt)の生誕日
 
1811年に生まれたリストの生誕200年記念の日なんです
 
 
 
というわけで、今日行われたコンサートは、
200th Anniversary VIVA LISZT!〜色とりどりのリスト〜と題され、ソロを始め、連弾、二台ピアノ、歌曲を聴くことができました
 
 
 
連弾や二台ピアノなどによる華麗な演奏、また心に響くピアノや歌の美しい旋律…
リストの世界に浸ることができ、とても充実した一時でした
 
 
 
 

2011年10月21日 (金)

ユーフォニアム 外囿祥一郎先生

今日は、夕方から冷たい雨の降る、寒い1日になってしまいましたね
 
 
さて、一昨日のゼミの授業は、ユーフォニアムの外囿祥一郎先生による演奏とお話でした
 
 
ARBAN/Variations sur
“Le Carnaval de Venise”
 
MONPOU/DAMUNT DE TE NOMES LES FLORS
 
DESENCLOS/SUITE BREVE〜1,3,4
 
KENTSUBITSCH/LEGEND forShoichiro Hokazono 
 
上記、4曲の演奏で、私は伴奏をさせていただきました 
 
 
 
少し緊張しましたが、勉強になり、とてもよい経験となりました
 
 
 
優しく温かい豊かな音色、物悲しく歌う旋律、生き生きとした前向きな音楽…
また、技巧的なパッセージを華麗に演奏される先生の音楽を間近に感じながら伴奏することができ、本当に楽しかったです
 
 
アンサンブルの魅力を改めて感じました
 
 
6曲演奏予定でしたが、時間の関係で、4曲になってしまったことが、ちょっと残念でした
残り2曲も、素敵な曲であっただけに…
 
 
 
 
 
 
 
 

2011年10月15日 (土)

ピアノ指導法

私は、ピアノ指導法という授業を履修しています
 
 
前期は、生徒役と先生役に分かれたレッスン形式で、実際に両方の立場を経験しながら指導法について学びました
 
 
そして後期からは、ピアノ指導法に関るさまざまな講義があり、これまでに「電子オルガン奏法」、「こんにゃく体操」などの授業を受けたところです
 
 
そして昨日は、「パイプオルガン奏法」でした
 
 
パイプオルガンは、鍵盤を操作することによりパイプ=笛に人工の風を送って鳴らす楽器で、演奏からすると…鍵盤楽器、発音の仕組みからすると…管楽器にあたるそうです!
 
 
そして、お話を聞いた後、練習棟にあるパイプオルガンを、一人一人実際に弾くことができました
 
 
 
洗足学園前田ホールにも、素晴らしいパイプオルガンがありますし、教会などでも、実際音色を聴くことはありましたが、鍵盤を弾いたのは初めてでした
 
 
音が減衰してしまうピアノとはまた違い、重なった音が空間に充満する響きは、魅力的です
 
 
 
来週は、講堂のパイプオルガンを実際に弾くことができるそうで、とても楽しみです
 
 

2011年10月14日 (金)

ユーフォニアム

昨日、前田ホールで行われたチャリティーコンサート
 
 
大学で同期だった7人の先生方が集まり、東日本大震災の復旧・復興を願う思いを込めながら、素敵な演奏を届けて下さいました
 
 
 
話は変わりますが、来週のゼミの時間は、ユーフォニアムの外囿祥一郎先生が演奏&お話をして下さることになっていて、私は、その伴奏をさせていただきます
 
 
今日、初合わせをしていただきました
 
ユーフォニアムの伴奏は何度かしたことがありますが、低音で温かい、心癒される音色です
 
 
 
まだ上手く弾けない部分もあるのですが、6曲それぞれ違う雰囲気の素敵な曲なので、伴奏していて本当に楽しいです
 
 
本番まで後少し、頑張りたいと思います
 
 

2011年10月13日 (木)

秋を満喫

今日は、創立記念日で学校がお休みだったので、午前中、用事を済ませ、午後はちょっとお散歩へ
 
 
 
コスモスが綺麗に咲いていていました
 
そして、どこからともなく金木犀のあま〜い、いい香りが漂ってきたり…
 
 
秋を感じることができましたよ
 
 
そして私は、これから前田ホールで行われる演奏会に行ってきます
 
皆さんも、秋を満喫してはみてはいかがですか
 

2011年10月12日 (水)

チャリティーコンサート

昨日、今日と過ごしやすい爽やかなお天気でしたね
 
 
明日、洗足学園前田ホールで、Charity Concert
希望と絆チャリティーコンサート
ファイン・アーツ・アンサンブルが開催されます
 
 
 
プログラム
G.プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」より
 
F.シューベルト/アルペッジョーネ・ソナタ  イ短調D.821
 
F.レハール/喜歌劇「メリー・ウィドウ」より ほか
 
18:30開場  19:00開演
入場無料(但し、お1人様1000円以上の義援金協力)(学生以下は除く)
 
本学園の教授や講師の先生方が出演され、私もとても楽しみにしています
お時間があれば、皆さんも是非いらしてくださいね
 

2011年10月 1日 (土)

コンサート

おはようございます
今日から、10月ですね
 
 
私は、午後から講堂で行われる、声楽コースのフレッシュコンサートで友人の伴奏をします
 
 
そして、18:30からは、前田ホールで行われるビギナーズオーケストラ  チャレンジコンサート2011を聴きに行きます
 
 
以前行われたプレゼンテーションコンサートで、講師の先生方や、私達管弦楽内ピアノ奏法履修生が、弦楽パートをピアノで弾いたオーケストラの曲が演奏されるので、とても楽しみです