« かわさきジャズ2015が開催 | メイン | Dana Hanchard客員教授ワークショップ »

2015年9月 4日 (金)

4つのジャズ・ビッグバンド+1の由来 (1)

「洗足には沢山ビッグバンドがあるんでしょ?」「"しわしわーず"って変な名前ね」「Getって一体何なの⋯⋯? なんであんなにたくさん楽器があるの?」──色んな質問を受けることがあります。しかし現役のメンバーでももしかしたら正確に答えられない質問もあるかも知れません。というのはジャズコース20年の歴史の中(あるいは前後)で組み立てられてきたものなので、詳しい由来までは思いの外わかっていなかったりするのです。

そこで今回は4つある洗足におけるジャズ・ビッグバンド("+1"については後述)の由来について解説したいと思います(バンドの主体的な自己紹介は各関連リンクへお願い致します)。それでは歴史的に最も古いところから──

【"しわしわーず"の母体、ジャズ&コーラス部】

洗足にジャズコースができる20年前より以前、洗足における同好会「ジャズ&コーラス部」には、主に年1回の学園祭の時に結成されるビッグバンドがありました。これは当然ながらジャズコースができる前ですから、普段クラシック音楽を学んでいる学生たちで作られたものです。

そして2009年、それまで横浜市内にあったジャズコースが川崎市溝の口のキャンパスに統合されると、ジャズとクラシックの学生たちの交流が始まります。クラシックの学生だけだったジャズ&コーラス部にジャズコースの学生たち(最初はリズムセクションだけ)が加わり、ジャズコースの現卒業生でギタリスト梅田和利氏を中心に、洗足から初めて山野ビッグバンドジャズコンテスト(以後山野BBJC)に出場しました。この時のバンド名が"ハニカミーズ"です。

そしてその後バンドマスターでサックス奏者である志和龍馬氏のときにバンド名が"しわしわーず"となったのです。山野BBJCでは毎年シード権を獲得、しかしバンド名を変更するとシード権が失われることもあり、現在でもこのような個人名から由来する名前が引き継がれているというわけです。

総てが学生主体の活動で、さまざま良質な音楽を貪欲に演奏しているようです。現在トロンボニスト松本治氏が顧問を担当しています。

しわしわーずfacebook
しわしわーずtwitter

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/33559897

4つのジャズ・ビッグバンド+1の由来 (1)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。