« 台湾からの仲間が来訪(その2) | メイン | ジャズコース公認インストラクター »

2015年5月27日 (水)

高校生向けジャズ紹介プログラム

洗足ジャズコースは今年で20年目を迎えましたが、さまざまな教育ノウハウもずいぶん蓄積されてきました。ジャズを教える・教わることって意外と難しいのです、、今さらながら(笑) たとえばアドリブを教えることを考えてみて下さい。初心者でなかなかフレーズが出てこないとき、あなたが先生だったらどうしますか?

「こうやってやるんだよ」とフレーズを具体的に教える──あれ? 生徒さんがそのフレーズを演奏したとしても、それは"アドリブ"ではないですね⋯⋯さて、どうしましょう。

「ジャズはね、自由なんだから、自由にやればいいんだよ」『そんなこと言ったって、それができないから困ってるんじゃん!(泣) なんてことに。。

これはあくまでジャズ教育のごく初歩的命題ではありますけれど、まず最初に目の前の楽譜をきちんと演奏できるようになる、という音楽のアプローチとは教え方が明らかに異なるわけです。ここで言えることは、とりわけ初心者にジャズを教えるのは決して易しくないということです。

0521_00001_2

他方、10代の頃に受ける音楽的な影響というのは計り知れないほど大きいのです。ジャズコースの教員たちの多くも、ちょうど高校生ぐらいのときにジャズに出会い、結局その後の人生を変えてしまうほどの影響を受け(笑)、ジャズの道へと進んでいったのでした。

ところがどうでしょう、高校の音楽の時間に、本格的なジャズ教育が行われるようなことはほとんどないのではないでしょうか? ジャズは"20世紀に生まれた最大の芸術"と呼ばれるにもかかわらず、です。高校の教科書を見れば、ジャズに関する記述が、必ずあるとは言うものの、ごくわずかなページにとどまっています。どのぐらい活用されていることやら⋯⋯(泣)

ジャズコースでは、より多くの高校生にジャズに出会ってもらうために、あるいは既に遭遇することによって、とても興味が湧いているにも関わらずどうすればいいか分からない生徒さんたちに向けて、ジャズ紹介プログラムをまとめました。

0521_00002

これはジャズコースがこれまでも取り組んできた事柄ではありますが、今回は大学が一体となって推し進めていく、しかもかなり熟成したプログラムと言えます。

高校で音楽を教えていらっしゃる先生方や、音楽の部活動顧問をなさっている先生方には是非ご検討いただきたい内容です。演奏者数分の旅費交通費のみのご負担で、楽しく有意義なジャズの講座、演奏、指導⋯⋯等が受けられます。

これをご覧になっているのが生徒さんご自身なら、担当の先生に相談してみては如何でしょう?^^ 『ジャズ・プログラムを受けてみたい』──その一言で、もしかしたら次の日から、あなたの音楽人生が変わるかもしれませんよ!?

プログラム・チラシ.pdfをダウンロード

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/33410935

高校生向けジャズ紹介プログラムを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。