« Do Jazz Senzoku! 2012 | メイン | ジャズコース第2期卒業生 阿部大輔さんのWorkshop決定! »

2012年7月 9日 (月)

新教員紹介〜岩瀬立飛先生

少し間が空いてしまいましたが、ジャズコースの新しい教員、4人目はタッピーこと岩瀬立飛先生になります。

岩瀬先生は何と言ってもその音楽的なドラミングが最高の魅力でしょう。もちろんその音楽性を発揮させるテクニックも目立って語られるところではあります。しかし私の意見としては、ドラムこそ音楽の理解や解釈がその表現に直接結びつき、アンサンブル全体にも大きな影響を及ぼす楽器もないだろうと。なにせドラムには詳細に手足の動きまで記譜されることがないわけで、出てくる音はそのほとんどがドラマー自身の音楽的発想となります。

岩瀬先生はご自身でも曲を書くし、鍵盤・鍵盤打楽器なども演奏されることからわかるように、音楽の理解が半端じゃないですね。彼にどらをたたいてもらうと、もうアレンジした側が思ったとおりの音楽を紡ぎ出してくれます。

ですから、学生の皆さんには、どうしてそのようなドラミングが生まれるのか、ドラムの技術はもちろんですが、それによって表現される音ががどうして出てくるのかを是非学んで欲しいですね。手が動くだけの演奏家は──ですからこれは全ての楽器や歌唱にも言えることですが──音楽家としては良い状態とは言えません。「表現したいこと」があって、それを実現させるために技術を獲得する、というわけです。

というわけでウンチクが幅をきかせてしまいましたが、岩瀬先生にはレッスン、アンサンブル、演奏にと、いろいろご指導をお願いしたいと思います。

Mosquito

Iwase1Iwase2


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/29302145

新教員紹介〜岩瀬立飛先生を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。