« ワード・オブ・マウス演奏シリーズ(第1回)〜梶原順(gt) | メイン | (付録3) アメリカの音楽大学視察〜アメリカの学生はなぜ上手いのか? »

2010年9月30日 (木)

(付録2) アメリカの音楽大学視察〜Jazz Fes

各大学で話を聴いておりますと、
地元のジャズ(音楽)フェスティバルの存在を挙げているところが多かったですね。

Rochester International Jazz Fes

Festival Miami
Img_3205
↑毎年10月に行われるMiamiの音楽Fesのポスター

Texas Jazz Fest

で、こういった催し物があると、まず様々なミュージシャンたちが、
毎年とっかえひっかえやってくる。
そのミュージシャンたちに学生が触れる機会があるということ。
場合によってはワークショップが開かれたりします。

そして、学生たちの演奏の機会にもなること。
大きなステージではなくても、Fesに参加し、
一般の人たちが聴きに来る演奏の場は、
それだけで音楽する意欲に結びついてきます。

さらに、奨学金コンテストが開かれたりして、
これからの志願者に対する認知も高まります。


そういった音楽祭はクラシックなどの多分野が入り交じっていたりして、
地元の音大もかなり主体的なはたらきをしているようです。

洗足も、NATSUON! FUYUON!が発展するなどして、
地域ぐるみの大きな音楽祭になっていくといいなぁ、と思った次第。

香取良彦

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/25114425

(付録2) アメリカの音楽大学視察〜Jazz Fesを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。