« ジャズコース・ブログのスタート | メイン | 投稿について »

2010年9月23日 (木)

1. アメリカの音楽大学視察~NYU(豪華版)

すでに学生メーリングリスト(じゃずめ)には投稿されましたが、
ブログのスタートにあたって、写真付き豪華版(?)にて再掲載することにしました。

これは、今年8〜9月にまたがっての1週間ほど、
不肖香取と蟻正先生、それに千田企画部長が、
ジャズを教えるアメリカの音楽大学4校を視察に訪れた際の記録です。

それではまずはNew York University = NYUからいきましょう。
NYUはNYマンハッタンのやや南、ワシントン・スクエア付近にあって、
全方向ジャズを含むエンタテイメントに囲まれているようなところにあります。
NYU/Manhattan地図

Img_3052

当日は履修登録の学生でごったがえしていました。
NYUはサックス奏者のDr. David Schroederが責任者をしており、
John Scofield, Gil Goldstein, Kenny Werner, Joe Lovano,
Brian Lynch, Robin Eubanks, Stefon Harrisなどが教鞭をとっています。
彼らは1学期に7回実際に教えに来たりしてるとのこと(通常15回)。
こんなスター・ミュージシャンたちが出入りするのはNYならではですかね。
ここは音楽関係の仕事とのコネクションが深く、
純粋なジャズミュージシャンだけでなく、
卒業生はさまざまな周辺の仕事に就いているとのこと。

Img_3066

↑Dr. David Schroeder(左から2番目)は温厚でありつつ、
密度の高いプログラム設計に熱意を注いでいるようでした。

我々が訪れたときは、student big bandが、新設のスタジオで、
Jimmy Scott (vo)とのレコーディング・セッションを行っていました。

Img_3054_2

Writingを教えている教員による垢抜けたアレンジ──
学生たちはよく音楽を理解し、知的なイメージでしたよ!
NYには他にもジャズを教える音楽学校が複数ありますが、
NYUは総合大学なので、一般教養も勉強します。

サマー・スクールでもめいっぱい音楽にintoさせてくれる、
盛りだくさんのプログラムを作っていますから、
皆さんも挑戦してみたらいかがでしょう!?

Eastman School of Music

香取良彦

追記〜NYの夜

NYUを訪れた晩、我々は嬉しいひとと会食することに……

Img_3079

そう、Dana Huncherd先生です!

本学客員教授のDana先生は、現在マンハッタン北端に住んでいて、
この日は彼女が勧めてくれたメキシカンのレストランでお会いしたのでした。
とっても元気にされてましたよ、相変わらず学校のことや音楽の話を沢山しました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/25104181

1. アメリカの音楽大学視察~NYU(豪華版)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。