2010年3月 3日 (水)

学生の撮った写真です。今までの文章で場面をご想像下さい

Dsc00320         Dsc00289 Dsc00287 Dsc00262 Dsc00230 Dsc00184 Dsc00075_2 Dsc00134 Dsc00039 Cimg0440_2 Cimg0408_2 Cimg0328_2    Cimg0389_2

レッスン風景と先生方

  日 時 2010/3/2

内容 レッスン二日目

緊張の中で豊かな時間が~

445 433_2

442 441

あと 一日のウィーンです

日 時 2010/3/3

内容  演奏会

いよいよ最終日となりました。本当に本当に見ていただいた皆様におぼつかないブログ操作を

お見せしました。写真が見にくかったり、ダブっていたり、文章にもまとまりがなく大変失礼致しま

た。情報に関してもベーゼンドルファー内でヤマハの~という話もあまりさだかはなかったそうです。

おわび致します。さて今日までの学生からの写真をいくつか載せさせていただきます。そして12

時間程後に 今日の演奏会の報告をしてこのシリーズを終えさせていただきます。

それまで学生からとどいた写真をごらん下さい。 Dscf0072 Dscf0174     Dscf0201 Dscf0090

2010年3月 4日 (木)

最後の演奏会です

日 時 2010/3/3

内容  演奏会

今回二回目の演奏会は、オペラ座から30分ほどの距離にあるヴァルトミュラーセントリュウムの

ホールで行われました。プ ログラムは日本人の作曲家の作品も交え、聞きやすい作品にまと

めました。会場やお客様の手配など前回の演奏会同様、アルトマンが骨折ってくださり、会場に

は州議会議長のマリアンネ・クリッカさんも忙しい中駆けつけていただきました。

Img_0970_2 Img_0975_2

Img_0987_3 Img_0993_3 Img_0992_2

演奏会から打ち上げへ

演奏会のお客様は温かく学生達に接してくださいました。最後の予定が終わって

全員でアルベルティーナ下のホイリゲに移動して反省会(笑)の始まりです。アコーディオンの

お兄さんも皆を盛り上げてくれました。

Img_1008_2      

Img_1028 Img_1018 Img_1014 Img_1013 

帰国へ

日 時 2010/3/4

内容 帰国へ

24日から始まったウィーンの研修旅行、ヒューズ先生、ヨハネス、エドワード両クトロヴィッツ先

生の素晴らしいレッスンや温かいウィーンの方達を前にした音楽会の体験、人とのふれあい、素

晴らしい音に触れたオペラ座と楽友協会ホール、数々のウィーンの財産を感じる建物や博物館、

そして教会とミサ。どんな事が学生達のこれからに繋がっていくかわかりませんが、ウィーンにフ

ィーレン ダンクです。ありがとうございました。    加藤 徹