« 2018年3月 | メイン | 2018年5月 »

2018年4月

2018.04.06

新校舎竣工記念公演終演

新校舎竣工記念公演にお越し頂き、誠にありがとうございました。

私は、この公演に出演できたこと、とても幸せに思います。
新しい場所でお客様との距離も近く一体となれて楽しかった反面、いつもと違う空気・環境の中で、最高のパフォーマンスをすることの難しさを改めて感じた公演でした。
稽古期間も短く、不安ばかりでしたが、無事に終えることができたのも、先生方、スタッフの皆様のおかげです。そして、何より足を運んで頂き、暖かい拍手を送って下さった多くのお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。
この経験を次に生かして、
日々精進していきたいと思います。

本当にありがとうございました!

新4年生 長田珠澄

Dsc_3461



新校舎竣工記念公演が先日無事に終わりました。
沢山のお客様に観にいらして頂きましたこと、この場をお借りして御礼申し上げます。
短い練習期間ではありましたが、学ぶことの多い公演でした。
今回の公演で強く感じたことは、『お客様も私たち演者と同じ空間を作り出している』ということでした。
客席が近いこともあり、お客様の反応を直に感じます。動き1つ、表情1つ、呼吸もコントロールしなくてはいけないと感じると共に、ダンスも、まだまだ知らないことが沢山あり奥が深いな。と感じる公演となりました。
ご指導してくださった先生方、スタッフの皆様本当にありがとうございました。
今回の経験を糧に次に繋げて行かれるよう、精進致します。

新4年生 鈴木万祐子

Dsc_3129



「ダンス棟設立記念」ということで、大好きなダンスだけのイベントにミュージカルコースとして参加することができてとっても幸せでした。今回のステージはお客様と近く、同じ空間を共有できている感じがして素敵な雰囲気の中 毎回楽しく踊ることができました。ナンバーが終わるたびに温かい拍手をありがとうございました。
特に、花魁カンカンとSpainは私にとって思い入れが強いナンバーだったのでまた踊ることができてとてもとても嬉しく、楽しかったです!
今回の公演を作り上げてくださったダイアナ先生、関先生、打越先生にこの場をお借りして御礼申し上げます。いつもありがとうございます。
またこういった公演に携わることができるようこれからも精進していきたいと思います!
ありがとうございました。

新3年生 西山里花

Dsc_0567


洗足学園音楽大学新校舎竣工記念公演に出演させて頂きました。
シアターダンスを中心に、さまざまな魅力的なナンバーがちりばめられたラインナップで、参加しつつも、観客としても楽しい時間でした。
私は、先日終演したばかりのアトリエ公演「Sweet Charity」から、ブラスバンドとリッチマンのナンバーで参加させて頂きました。ダンスプログラムとして踊るのは、ひとつの作品の中で踊るときとは違う感覚でした。前後の話の流れがない分、より内面の思いを表現に乗せて踊ったように思います。
ミュージカルの中の登場人物が、そのキャラクターで踊るシアターダンス。たくさんの素敵な作品が凝縮したステージにいると、まるでミュージカルのテーマパークに紛れ込んだような、幸せな錯覚に陥りました。
ミュージカルにおいて、ダンスという表現はとても大切なんだということを再認識しました。
そしてお客様の拍手と声援がとても嬉しかったです。
ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

新二年生 古賀夏希

Dsc_3033



Dsc_3052



Dsc_2469



Dsc_3486



ミュージカルコースカレンダー

  • ミュージカル公演予定

ミュージカルコースブログについて