« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月27日 (日)

Do Jazz Senzoku 2016 「How i Blues !?」

洗足学園音楽大学にジャズコースが設立されて20年が経ち、その指導陣、卒業生等が中心となって演奏するこのDo Jazz Senzokuは今回で実に21回目。2011年の「How i jazz !?──"私"はどのようにジャズするか!? 」よりスタートした人気シリーズ、新たな出発となる本年のテーマは、原点回帰とも言える「How i Blues !?」です。

ジャズは100年以上の歴史の中で、大きな変化、発展を遂げて来ました。その源流になったのは19世紀後半に米国南部でアフロアメリカンの間で発生した土着の音楽でした。「Blues」…このシンプルで深い音楽は、ジャズはもとよりロック、R&Bなど20世紀以降の大衆音楽すべてのルーツになったのです。

今回は、現在のジャズミュージシャン達が様々な形でどう「Blues」と向き合い料理して行くか、というコンサートです。

また、ブルースとジャズに関するプレパネルトークもあります。お楽しみに!

2016dj

2016dj2


演奏会日時  2016.5.22  Sun

Place 前田ホール

開場:16:00

開演:16:45(16:30よりプレトークあり)

member   ◎本学講師 ★本学卒業生

【プレトーク/司会】

香取 良彦 ◎

中川 ヨウ ◎

【中村誠一バンド】

中村 誠一(なかむら せいいち)tenor saxophone ◎

谷口 英治(たにぐち えいじ)clarinet ◎

有田 純弘(ありた よしひろ) banjo, guitar ◎

元岡 一英(もとおか かずひで) piano  ◎

佐藤 “ハチ” 恭彦(さとう ”はち” やすひこ) bass  ◎

池長 一美(いけなが かずみ) drums  ◎

平田 康子(ひらた やすこ) vocal ◎

【原 朋直バンド】

原 朋直(はら ともなお) trumpet  ◎

松本 治(まつもと おさむ)trombone  ◎

佐藤 達哉(さとう たつや)tenor saxophone ◎ 

ユキ アリマサ(ゆき ありまさ) piano  ◎

水谷 浩章(みずたに ひろあき) bass  ◎

大坂 昌彦(おおさか まさひこ) drums  ◎

白仁 賢哉(KOTETSU)(しらに けんや) vocal ◎

【ギラジルカバンド】

ギラ ジルカ(ぎら じるか) vocal ◎

白仁 賢哉(KOTETSU)(しらに けんや) vocal ◎

布川 俊樹(ぬのかわ としき) guitar ◎

成田 祐一(なりた ゆういち) piano  ★

川内 啓史(かわうち けいし) bass  ★

松山 修(まつやま しゅう) drums  ◎

一般:1,000円

本学学生・学園教職員:無料

文責: 布川俊樹(ジャズコースアカデミックコーディネイター)

2016年3月13日 (日)

Get Jazz Orchestra East Japan Tour 2016 ⑦

いよいよ最終日は茨城県内にあるサテライト水戸ライブ館での演奏です。

Img_0547この日は108人ものお客様においでいただきました。

Img_0580

Img_0567この日は地元東海高校のEast Ocean Jazz Orchestra (EOJO)の皆さんとステージを分かち合いました。EOJOの演奏は高校生(しかも1〜2年生のみ!)とはとても思えない素晴らしい演奏でした。

Img_0596総て私有機材を持ち込んでSR(音響)をして下さった富正和氏。洗足で講師もなさっていますが、前日に茨城県内で仕事があったことから、この日のためにボランティアで汗をかいてくれました。

Img_0600最後にEOJOの皆さんとステージにぎゅうぎゅう詰めになりながら共演!

Img_0608最後に関係者全員で記念撮影。仕掛け人の笠間ジャズ実行委員会の渡辺一也さんほかスタッフの皆様に感謝致します。

Img_0611今年のツアーも全ての演奏を終え、水戸の郷土料理屋さんで最後の打ち上げ。

Img_0615無事大学に帰着。

今回、東日本大震災の被害に遭ったいくつかの県をまわらせていただくにあたり、弊校東日本震災支援委員会を通して¥48,000の義捐金を納めさせていただくことになりました。大学ホームページにも今後掲載されることになります。演奏の機会をいただき、誠に有難うございました。

追記:新年度より義捐金は大学から「あしなが育英会」に納めさせていただくことになりました。

Get Jazz Orchestra East Japan Tour 2016 ⑥

山形での演奏のこの日は、夕方から断続的に雪が舞いました。

Img_0475この日の演奏場所Noisy Duckの入り口にて。

Img_0478夜はこんな感じ⋯⋯一時はかなり降雪がありました。

Img_0489一昨年4人しかいなかったお客様が、今回は満席に。有難うございます。

Img_0483メンバーたちもお店いっぱいに広がっての演奏です。

Img_0522

Img_0538演奏後、来てくれた地元の学生さんと話をしたり、ありがちな忘れ物に気をつけながら撤収します。この日は楽器をパックだけしておき、次の日に積み込みます。

Img_0541次の日、マスターの前川さんと。

2016年3月12日 (土)

Get Jazz Orchestra East Japan Tour 2016 ⑤

盛岡からさらに北、青森県三沢に向かってバスは進みます。

Img_0409途中の昼食休憩で、名物の"わんこそば"に挑戦するGJOのメンバーたち。ViolinのMさんは101杯完食で、記念の御札をもらいました。

Img_0413この日の演奏はMoon Riverです。

Img_0412_2今回は作・編曲家、ピアニストとして高名なDavid Matthewsさんと共演です!

Img_0422今回はマシューズさんのアレンジを1曲演奏させていただいたのと、GJOの曲に3曲ご参加いただきました!

Img_0461この日も満員のお客様。マシューズさんは地元の方たちからも絶大な人気です。

Img_0466演奏後はマスター菊地さんのお取りはからいで飲み放題付き食事が!!

Img_0470マシューズさんを囲んでの記念撮影。

2016年3月11日 (金)

Get Jazz Orchestra East Japan Tour 2016 ④

今年もやって参りました、盛岡市・Nonk Tonkです。

Img_0328Nonk Tonkは国道4号沿いにある素敵なお店です。

Img_0360メンバーの一人は2年前、高校生でGJOのライヴにはじめて来てカッコいいと思い、今回は(洗足に入学して)GJOのメンバーとして参加しています。        

Img_0380今回も大入りのお客様で満席!

Img_0378ライヴ会場としては残響が長く、お客様が入ると素晴らしく音が良くなります。

Img_0384中には2年前おいで下さって、今回も足を運んでくれたお客様もいました。

Img_0393GJOの音楽に大変理解を下さる藤川ご夫妻と。

Img_0396閉店間際の駆け込みで作ってもらったぴょんぴょん舎の冷麺。

Get Jazz Orchestra East Japan Tour 2016 ③

GJO東日本ツアー3日目は、日本海側、秋田を目指します。

Img_0232暖冬で気温が高い中、しかし途中の山間部では雪がたくさん積もっており⋯⋯

Img_0233パーキング・エリアでウォーミングアップするメンバー。

Img_0293_2

Img_0292演奏させて頂くのはCat Walkです。

Img_0297演奏前のメンバーたち。

Img_0288ここCat Walkでも多くのお客様においで頂きました。

Img_0319演奏直後のリラックスした状態。

Img_0326お店の方たちと。

2016年3月 8日 (火)

Get Jazz Orchestra East Japan Tour 2016 ②

さて、2日目は仙台にやって参りました。

Img_0145LIVE DOME Star Dustがこの日の演奏場所です。

Img_0165この日も大勢のお客様においで頂きました。

Img_01963年前にジャズコースを主席で卒業したTenor Sax奏者の廣海大地さんが飛び入りで参加してくれました。彼はGJOに在籍していた、仙台在住ミュージシャンです。

Img_0217GJOのLead Alt Sax佐藤敬幸と廣海大地さんのバトル。

Img_0228時間を延長しながら、アンコールまで頂きました。

Img_0229_2片付けを終わって廣海さんとともに記念撮影。

2016年3月 7日 (月)

Get Jazz Orchestra East Japan Tour 2016 ①

今年もGJOのツアーがやってきました。今年度は東日本方面7箇所を巡る演奏旅行になります。

Img_0002大学を3/16日曜日に出発しました。

Img_0008_2

Img_0009_3第1日目は福島・MINGUSです。

Img_0047初日の演奏は緊張しますが皆元気です。

Img_0100_2無事に演奏終了、と思いきや⋯⋯

Img_0118なんと小曽根真さんが来て下さり、アンコール曲に飛び入り参加してくれました。

Img_0124小曽根さんはNHKで放映される福島県文化センターでの"Music for Tomorrow in Fukushima"チャリティコンサートに出演のため福島にいらしていたそうです。

Img_0139最後に小曽根さん、マスター、スタッフの皆さんと一緒に!

2016年3月 3日 (木)

希望と絆 チャリティーコンサートvol.5 Musical Cocktail ~Vocal Teachers' "Special Concert"~

ジャズコース教員・岡田治郎先生(bass)と今村健太郎氏(drums)も出演する教員たちによる東日本大震災被災地支援チャリティーコンサートです。

12654581_10153836399523895_31897900


今回の演奏会は、これまでにさまざまなフィールドで活躍する人材を世に送り出してきたミュージカルコースで指導にあたり、またみずからもミュージカルからオペラまでジャンルを超えて幅広く活躍している教員のヴォーカルコンサートです。

誰もが知っている名曲から、知名度は低いものの今後歌い継がれていくであろう魅力溢れる曲まで、多種多様な楽曲を上品で洗練された楽団演奏とともにお楽しみいただきます。

演奏会日時

  • 20160306 Sun  
  • Place
  • 前田ホール
  • 開場:18:00 開演:18:30

  • ■無料■未就学児童入場可

  • 一般 :無料
  • 本学学生・学園教職員 :無料
  • 東日本大震災被災地支援のための募金箱を設置しますので、ご協力をお願いします。

    お問い合わせ
    洗足学園音楽大学 事務局長室 TEL.044-856-2727(平日10:00~17:00)
企画・構成 篠原 真
 
出演
篠原 真
青木 さおり
大山 大輔
押川 浩士
紙谷 弘子
砂田 恵美
瀧本 瞳
tekkan
三橋 千鶴
南 智子
阿邊 葉月 電子オルガン
今村 健太郎 ドラムス
岡田 治郎 ベース
清水 優 パーカッション
 
主催
洗足学園音楽大学被災地支援委員会
 
 
※写真・ビデオの撮影は固くお断りいたします。
※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
※公演内容は変更になる場合がございます。
    • アンドリュー・ロイド・ウェバー 作曲

      「オペラ座の怪人」より “Think of me” “Music of the Night”
      クロード・ミシェル・シェーンベルク 作曲 「レ・ミゼラブル」より “Stars”
      シルヴェスター・リーヴァイ 作曲 「モーツァルト!」より  “僕こそミュージック”
      篠原 真 作曲 「夏花火♡恋名残」より “あなたに逢いたい”