« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月19日 (土)

Steve Willson(sax)workshop!(再掲)

 さまざまな情報がここ"We Blog Jazz"から発信されますので、8月に流した情報がそろそろ古く?なって下の方に行ってしまった感があります(笑)。Steve Willson氏による公開ワークショップは、もしキャッチされていなければ大変もったいないお話しですので、是非、今一度お目通し下さい。来週土曜日、一般無料公開です!

【9月26日(土)】(洗足学園音楽大学 シルバーマウンテンB1・総て聴講自由です)

 10:00〜11:00 サックス・グループレッスン
 (受講はジャズコース主科サックスの学生対象です)

 11:00〜12:00 ビッグバンド指導およびリハーサル
 (Get Jazz Orchestraおよび多田誠司先生(as)とともに)

 13:00〜14:00 コンボ編成のアンサンブル指導
 (ジャズコース選抜バンド)

 14:30〜15:30 共演コンサート
 (出演:Steve Willson、選抜コンボ・バンド、GJO、多田誠司先生)

Steve_wilson_bio_in_jp

Steve_wilson_bio_in_jp2

2015年9月17日 (木)

伊藤君子客員教授+Big Bandワークショップ

この9月から、伊藤君子客員教授が、単なるヴォーカル・ワークショップではなく、ビッグバンドなどと共に歌い、バンドもご指導してくださることになりました。もちろんヴォーカルの学生はビッグバンドを伴奏に歌い、指導を受けられるという豪華版。

ワークショップのホスト・バンドは松本治先生(tb)が顧問をされているSwingin' Expressが担当します。彼らにとっても日本のトップ・ヴォーカリストによる指導はきっと大きな刺激を与えてくれたことでしょう。

4↑早速素晴らしいノリと歌声を聞かせてくれた伊藤先生

7↑学生も順番に歌い、指導を受けました

2015年9月16日 (水)

The History of Jazz 〜ジャズ100年の歴史に挑戦!

2015年度洗足学園音楽大学ジャズコース定期演奏会のご案内です。
今年度のタイトルは──
「The History of Jazz 〜ジャズ100年の歴史に挑戦!」

En1547_jazzcourse_front_0914

個性派ぞろい実力派ぞろいの今年度のジャズコース4年生が総力を結集してお贈りするジャズ歴史絵巻物。トラッドからモダン、コンテンポラリーまで様々なスタイルのアンサンブルを組んでジャズの変遷をたどります。

●日時:2015年10月25日(日)
●会場:洗足学園 前田ホール
●入場無料(予約不要・全席自由・未就学児可)

【演奏予定曲目】
インディアナ Back Home Again To Indiana
ドナ・リー Donna Lee
ウィンドウズ Windows
ジバゴ Zhivago     
ほか

【出演】★=リーダー
BAND 1「スウィング」
三瓶 賢衛(トランペット 4年)★
宮脇 惇(クラリネット 4年)
西村 健司(トロンボーン 3年)
飛田 すみれ(ピアノ 4年)
南山 拓朗(ベース 4年)
利光 玲奈(ドラムス 2年)

BAND 2「ビバップ」
阿部 真由子(トランペット 4年)
成田 遥香(アルトサックス 4年)
大明 鷹之信(ギター 4年)★
山下 由梨乃(ピアノ 4年)
橋爪 直樹(ベース 4年)
橋本 雄博(ドラムズ 4年)

BAND 3「フュージョン」
本多 航(トランペット 4年)★
佐藤 敬幸(アルトサックス 4年)
三上 功聖(バリトンサックス 4年)
北村 貴丸(ギター 4年)
大村 優介(ピアノ 4年)
宮本 智治(ベース 4年)
田中 航(ドラムス 3年)

BAND 4「コンテンポラリー」
熊谷 友也(トランペット 4年)
小橋 拓弥(ギター 4年)
植田 響(ピアノ 4年)★
立花 陽平(ベース 3年)
原島 燎平(ドラムス 4年)

パレード:洗足学園音楽大学 Jazz Brass Gumbo
トランペット:三瓶 賢衛(4年)、本多 航(4年)
トロンボーン:西村 健司(3年)
クラリネット:宮脇 惇(4年)
ピッコロ:葉山 裕子(4年)
アルトサックス:佐藤 敬幸(4年)、山下 陽平(3年)、大野 瑞季(2年)、髙野 桜(2年)、内田恵里花(1年)
テナーサックス:小宮 杏(4年)、土方 萌衣花(3年)、津村 知美(2年)
ギター/バンジョー:北村 貴丸(4年)、渡邉 愛紗香(1年)
スーザフォン:林 史洋(2年)
ドラムス/パーカッション:橋本 雄博(4年)、横田 悠帆(2年)、井垣 百合恵(2年)

2015年9月13日 (日)

4つのジャズ・ビッグバンド+1の由来 (5)

さて+1とは何か? ビッグバンドではないけれども、洗足にある、やはり管楽器がたくさんいるジャズバンドとは一体何でしょう?

──ベースのいないニューオーリンズ・ブラスバンド形式のバンド"Jazz Brass Bumbo"です! この形態のバンドは、スーザホン(大きな朝顔型の低音管楽器)がベースラインを主に担当し、練り歩きながら音楽を奏でられます。

【Jazz Brass Bumbo】

Sax奏者中村誠一氏(洗足客員教授)の発案により、ジャズコースにニューオリンズ・スタイルのバンドが結成され、Clarinet奏者谷口英治氏が指導しているバンド。スーザホンは一般のジャズではあまり使われない楽器のため、ジャズコースが川崎市のキャンパスに統合され、クラシック学生の参加(および楽器の調達)が可能になってから活動が本格化しました。

JAZZ in FUCHU(東京都府中市)での演奏や、病院への慰問演奏などでも活躍。大学祭ではメンバーが作る「ガンボスープ」が好評。豊かなパフォーマンス能力が、聴いて見る人たちを楽しませます。

Gumbo twitterGumbo YouTube

2015年9月10日 (木)

4つのジャズ・ビッグバンド+1の由来 (4)

さて、いよいよ今回は洗足のトップ・ジャズ・ビッグバンド、GJOこと"Get Jazz Orchestra"です。

【Get Jazz Orchestra】

洗足にジャズコースがスタートすると、ほどなくして学外から演奏依頼から来るようになりました。そして2004年、各楽器の教員が推薦した学生による選抜ビッグバンドがついに結成され、当時の客員教授・山下洋輔氏によってGet Jazz Orchestraという名前が付けられました。

しかしこのバンドは学外などからの演奏依頼があった場合にだけ集まり、継続的な練習や演奏活動はしていませんでした。それでも時々に応じて各地で演奏をする機会を持っていました(GJOのプロフィール)。

ジャズコースの学生数がいよいよ増えてくると、学生たちが学外で演奏する機会も増え、他大学のビッグバンドに加入する学生たちもでてきました。そのように拡散した洗足の学生たちのためにも、GJOがより活発な音楽活動を行うべく、2011年から香取良彦指導のもと、週1回定期的にリハーサルを行っていくバンドとして生まれ変わりました。

このとき新たなバンド・メンバー募集を掛けたところ、ViolinやFlute専門のクラシック学生が希望してくるなど、通常のビッグバンド編成ではないような学生たちが集まってきました。彼らの演奏スキル(具体的には音色)は素晴らしく、何とかしてバンドの中で活かしていこうと考えたわけです。また、いわゆるジャズ・ボーカルとは異なる声の使い方をするVoiceパートを組み込む──こうして現在22名によるアンサンブルが結成されたのです。

他にはない編成で、持ち楽譜もない状態であったことから、香取良彦がオリジナル・アレンジを提供することで演奏がスタート。そして年ごとにレパートリーを増やしていき、現在のGJOの音楽ができあがっていったのです。

カウント・ベイシー楽団は素晴らしいビッグ・バンドですが、全く同じ曲(アレンジ)を録音してCDをつくっても、残念ながらそこに社会的価値はありません。ジャズではクラシックのように全く同じ音符(作編曲)を異なる職業音楽家たちが演奏する、ということはしないのです。

しかしその点においてGJOの音楽は世界にここにしか存在しないので、GJOはこれをCDに残し、胸を張って自分たちの音楽であることを誇りにすることができます。借り物でない、自分たちの音楽を創造する難しさとよろこびはなかなか得られないものです。

GJO siteGJO facebookGJO twitter

2015年9月 7日 (月)

4つのジャズ・ビッグバンド+1の由来 (2,3)

さて、次にご紹介するのは"Swingin' Express!!"です。そしてさらに、授業におけるビッグ・バンドをご紹介しましょう。

【Swingin' Express!!】

このバンドは生粋のジャズコース由来の同好会バンドです。ジャズコース発足の20年前は、まだ短大、初年度は入学者11名でしたので、とてもビッグバンドはできませんでした。しかしその5年後には4年制大学にジャズコースが設立され、短大はなくなりました。それにともなって入学者数も増えていきます。当初から学生主体で、いわゆる「ビッグバンド・ジャズ・サウンド」を追究してきたのがこのバンド。カウント・ベイシーは勿論、ビッグバンドのスタンダードと言えるものを自然体で演奏しています。

山野BBJC出場は選択肢に入れず、新宿PIT INNでの演奏を毎年の恒例として、自分たちの活動に余念が無い、ジャズコースの底流(意味をお間違えなきよう──ジャズが好きな人のほとんどが根っこのところでこの音楽が好き、といった意味)とも言えるビッグバンドでしょう。この2015年後期からは、伊藤君子客員教授のワークショップにおけるホストバンドになりました。こちらもトロンボニスト松本治氏が顧問を務めます。

https://twitter.com/swingin_1

【ジャズコース・アンサンブル授業"ビッグ・バンド"】

「ビッグ・バンド」はジャズにおけるとても重要な楽器編成/一形態です。したがって、30余りある他のアンサンブル・クラス同様、毎前・後期メンバー(履修者)を入れ替えながらビッグ・バンド・フォーマットの演奏を学べるようにオファーされた"授業としての"バンドです。

同好会のバンドと異なる点は、週1回90分の授業として、かっちり15回分(半期)がセットアップされること。そして、履修希望を出した学生は、基本的にはクラス編成において自動的にメンバーになることです。ただし、ジャズコースが採用しているアンサンブル能力評価"アンサンブル・レーティング"がこのクラスの要求を満たしている必要があります。

このバンドは学外で演奏することはありませんが、授業成果として必ず「ジャズコース・ライヴ」に出演、2日間のジョイント・コンサートの大トリを努めることになっています。ジャズコース・ライヴが最高に盛り上がる瞬間です。授業担当はサックス奏者佐藤達哉氏と、クラリネット奏者谷口英治氏。

2015年9月 6日 (日)

Dana Hanchard客員教授コンサート!

先にお知らせ致しましたとおり、ジャズコース客員教授でNY在住のDana Hanchard先生(vocal)が、2週間にわたってレジデンスでレッスン、ワークショップなどを持ちます。その最後の締めくくりとして弊校ビッグ・マウスにおいてコンサートを行います。

このコンサートは入場無料、どなたにでもお越し頂けます。Dana先生の大変音楽的で、深い精神世界は聴く人に大きな感動を与えてくれます。どうぞ足をお運び下さい。

2015.9.18金曜日 Open 17:30、Start 18:00
演奏:道下和彦(gt)、Christopher Hardy (pc)、黒瀬香菜(org)

Dana2015

2015年9月 5日 (土)

Dana Hanchard客員教授ワークショップ

今年もNYからDana Hanchard客員教授が来校し、2週間のレジデンス中に、レッスン、ワークショップ、コンサートを開催致します。※学内生のみの受講になりますが、入学希望者は聴講可です。ブラックホール・オフィス・スタッフまでご連絡ください。Jazz2_6

2_20159_2

3_20159

4_20159

1_20159

2015年9月 4日 (金)

4つのジャズ・ビッグバンド+1の由来 (1)

「洗足には沢山ビッグバンドがあるんでしょ?」「"しわしわーず"って変な名前ね」「Getって一体何なの⋯⋯? なんであんなにたくさん楽器があるの?」──色んな質問を受けることがあります。しかし現役のメンバーでももしかしたら正確に答えられない質問もあるかも知れません。というのはジャズコース20年の歴史の中(あるいは前後)で組み立てられてきたものなので、詳しい由来までは思いの外わかっていなかったりするのです。

そこで今回は4つある洗足におけるジャズ・ビッグバンド("+1"については後述)の由来について解説したいと思います(バンドの主体的な自己紹介は各関連リンクへお願い致します)。それでは歴史的に最も古いところから──

【"しわしわーず"の母体、ジャズ&コーラス部】

洗足にジャズコースができる20年前より以前、洗足における同好会「ジャズ&コーラス部」には、主に年1回の学園祭の時に結成されるビッグバンドがありました。これは当然ながらジャズコースができる前ですから、普段クラシック音楽を学んでいる学生たちで作られたものです。

そして2009年、それまで横浜市内にあったジャズコースが川崎市溝の口のキャンパスに統合されると、ジャズとクラシックの学生たちの交流が始まります。クラシックの学生だけだったジャズ&コーラス部にジャズコースの学生たち(最初はリズムセクションだけ)が加わり、ジャズコースの現卒業生でギタリスト梅田和利氏を中心に、洗足から初めて山野ビッグバンドジャズコンテスト(以後山野BBJC)に出場しました。この時のバンド名が"ハニカミーズ"です。

そしてその後バンドマスターでサックス奏者である志和龍馬氏のときにバンド名が"しわしわーず"となったのです。山野BBJCでは毎年シード権を獲得、しかしバンド名を変更するとシード権が失われることもあり、現在でもこのような個人名から由来する名前が引き継がれているというわけです。

総てが学生主体の活動で、さまざま良質な音楽を貪欲に演奏しているようです。現在トロンボニスト松本治氏が顧問を担当しています。

しわしわーずfacebook
しわしわーずtwitter

2015年9月 3日 (木)

かわさきジャズ2015が開催

昨年までモントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・カワサキとして開催されていたジャズ・フェスが今年は"音楽のまち"川崎市主催で行われることになりました。

11/23月・祝にはイベント最後を締めくくるステージが行われますが、洗足学園音楽大学と昭和音楽大学からビッグ・バンドが出演することになっています。

洗足からはGet Jazz OB Orchestra(卒業生たちによる)が出演します!

詳しい情報はまた決まり次第お伝えします。

かわさきジャズ2015