« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月27日 (土)

6月21日(日)"ジャズを体験してみよう!2015"レポート

6月21日に、ジャズコースで特別なワークショップが開催されました。

その名も──「ジャズを体験してみよう!2015」

毎年好評を頂いているこのイベントですが、今年は村田陽一先生(tb)岡田治郎先生(ba)岩瀬立飛先生(dr)という、ジャズコースが誇る3人の講師を迎えて行われました。

01adlib_a051香取良彦先生(vib)が司会進行を務め、前半は"アドリブ講座"と題し、これからジャズを始めるにあたってのアドバイスや、各楽器ごとにどんなこと(技術や意識すべきこと)が必要になってくるのか、そしてジャズをやる上での練習方法のアイデアなど、様々なお話しを聞くことができました。

01adlib_a02001adlib_a04701adlib_a006講座は終始 和やかな雰囲気で、先生方がジャズを始めた頃にお手本とした憧れのプレイヤーなどの話題も飛び出しました。

01adlib_session_001a022 講師陣による演奏では、村田先生がその場で始まり方と終わり方だけ決め、いざセッションスタート!

01adlib_session_007a028_3スタンダードナンバー「There Will Never Be Another You」を演奏。テーマが終わると村田先生のアドリブソロから始まり香取先生、岡田先生と続き、最後は岩瀬先生と村田・香取両先生の4バースへ突入。

01adlib_session_murata_014a03501adlib_session_okada_012a033_201adlib_session_iwase_018a039_201adlib_session_katori_015a036 メロディとコードだけのシンプルな譜面一枚から、音楽が次々と展開していくジャズの面白さを先生方の迫力の演奏で体験しました。

02ensemble_okada001a001 02ensemble_hara001a021後半は村田先生、岡田先生、岩瀬先生に、原朋直先生(tp)も加わり4クラスに分かれての"アンサンブル体験"

02ensemble_murata007a013_202ensemble_iwase003a017_2 曲の中で実際にアドリブソロにも挑戦!

また、この日はオープンキャンパスということもあり、イベントの前後には体験レッスンも行われていました。

03lesson_luis003a00303lesson_matsumoto003a007 

 

アドリブ講座、アンサンブル、そして個人レッスンと、参加した皆さんにとって充実した一日になったのではないでしょうか。

2015年6月26日 (金)

岡部洋一 "世界のリズム、世界のグルーヴ"

ジャズ実践ワークショップ(4日間)〜(2)

8月4日(火)〜8月7日(金)にかけて行われる、ジャズ実践ワークショップ(4日間)において開催される特別講座をシリーズで紹介します。

その2日目、8/5には日本で最も多忙なパーカッショニストの1人である岡部洋一氏が登場します。そのタイトルは──"世界のリズム、世界のグルーヴ"

まずは岡部先生からのコメントを──


Photo_3

世界にはたくさんの民族音楽があります。
それぞれに独自の音階やリズムを持ち、ジャズやロックにも影響を与えあっています。
もちろん打楽器もいろいろな種類のものが使われます。そうした打楽器に触れてみませんか、リズムパターンもみんなで演奏しましょう!
使用楽器(岡部先生のクルマに載っている楽器): コンガ、ボンゴ、ジャンベ、ダラブッカ、タブラ、ウドゥ、ジュンジュン、サンバン、フレームドラム、スルド、タンタン、ヘビニキ、へピーキ・ジ・マウン、パンデイロ、ビリンバウ、タンボリン、モンキータンバリン、ティンバレス、トライアングル、シェーカー、カホン、トーキングドラム、ハピドラムのようなもの、ウインドチャイム、カウベル等小物各種

というわけで、この講座では、岡部先生が持ち込むおびただしい打楽器の数々を、皆で演奏しながら多彩なリズムを体感するということになりそうです。しかもどれもが厳選された素晴らしい音の楽器の数々(例えば同じトライアングルでも岡部先生のそれは、その辺の楽器屋さんに売ってるものとは違います!)に是非実際に触れてみてください!

Jazzworkshop20151_2

2015年6月23日 (火)

エリック・ミヤシロ客員教授ワークショップ

7月16日木曜日、エリック・ミヤシロ先生によるワークショップが行われることになりました。今回は、2つのトピックについてご指導頂くことになっています。

・トランペットの基礎楽器力向上(しっかりした音を出すために)

・トランペット・セクションの演奏の仕方

201507

※学内生のみの受講になります。入学希望者の聴講についてはブラックホール・オフィス・スタッフまでご連絡ください。
Jazz2_6

2015年6月21日 (日)

大坂昌彦 "swing feelの2大要素"

ジャズ実践ワークショップ(4日間)〜(1)

8月4日(火)〜8月7日(金)にかけて行われる、ジャズ実践ワークショップ(4日間)において開催される特別講座をシリーズで紹介します。

その1日目、8/4はジャズコース客員教授である大坂昌彦先生(drums)による講座です。そのタイトルは──"swing feel の 2大要素"

Photo

大坂先生より提示された項目は以下の通りです。

marching 由来のswing 
New Orleans second line
心地良いBounce の為のsyllable。スピード感のあるride pattern。
Ching a ring , take away, clap your hands etc.

2feel の確立。
big4 を感じる。
bass との絡み。

4feelへの移行。より大きなforward motion。
compingの考え方。melody との絡み。harmonyを意識する。

もう一つのswing のelement 

12/8 feel - mother of the beet
Africa 由来のswing。
Bembe
Latin rhythm との共有事項の理解。
clave。
after Elvin のSwing feelの理解。
mode 手法

さて、これらの項目のどれぐらいを皆さんはご存じですか? また、知っていたとして、どれだけ深く理解しているでしょうか。ぜひ興味のある方は本ワークショップを受講してみてください!

Jazzworkshop20151


2015年6月18日 (木)

7/30木曜日 Get Jazz Orchestra Live! at 赤坂Bb

GJO恒例のBbライヴが7/30木曜日に行われます!

Gjo2015

夏のライヴが毎年恒例となったGJOの演奏。

コンサート・ホールとは違って、ライヴ・ハウスでは総勢23名の音の隅から隅まで、目の前からの直接音でお聴きいただけます。ことにBbの"ハコ"はとっても良い響きがします。

今年度のGJOサウンドを占う、前期シメの演奏になります。どうかご期待下さい。

gjo2015.pdfをダウンロード

2015年6月16日 (火)

JAZZ COURSE LIVEとは!?

ジャズ・コースが主催して年2回行っている、約30バンドが2日間(11am〜6, 7pmまで!)にわたって出演するジョイント・コンサートです。出演するバンドは、

個性あるアンサンブル・クラスが授業成果として──1〜4年がmixしたバンド構成で、超初心者レベルのクラスは残念ながら出演できません。ただ、クラシックの学生だけで行われている授業「ジャズ実習」クラスのバンドも出演します。

客員教授バンド──学生から選抜されたメンバーが、客員教授リーダーのもと、さまざまな曲に挑戦します。前回2014冬には、渡辺香津美先生の難度の高いオリジナル曲を演奏して会場を沸かせました。

ゲスト・バンド──昨年から高校生バンド(1日最大1バンド:一応音源オーディションあり)が出演し始めています。これ以外に今後も若いけど魅力あるバンドをゲストにお呼びする予定です。

P1210569

場所はライヴ・ハウス小屋と言える「ビッグ・マウス」(夏)と、普段は学生食堂の「MUSE(ミューズ)」に設けた特設ステージ(冬)。

ここで是非注目して頂きたいのが、この長丁場のコンサートを支えるスタッフです。

毎年1年生が役割を分担してスタッフを努めることになっており、受付・セッティング・進行・司会・広報⋯⋯総てを担っています。これは演奏経験(音楽能力)だけでなく、こういった裏方作業をこなすことによって、社会性・協調性や人間力を養ってもらう、という目的が込められています。

例えば司会進行をご覧になったとき、『チョットぎこちないなぁ⋯⋯』と思われるかも知れません。そんなときはどうぞ彼らの成長の糧であることをお察しいただき、温かい目で見守って頂けましたら幸いです。

今年のJAZZ COURSE LIVE 2015(夏)は、

7月11日(土曜日)、12日(日曜日)です。どうぞ足をお運び下さい!

関連記事:詳細 チラシ

2015年6月14日 (日)

6月28日(日) 札幌ジャズ体験

6/28日曜日、札幌において洗足学園音楽大学の体験レッスン・イベントが開かれます。

ジャズは個人レッスンで即興演奏(アドリブ)について学べる(45分)ほか、ジャズ・ハーモニー、作編曲についての質問もお受けします。楽器を持って参加しての「体験アンサンブル」(90分)を選択することもできます。札幌では特別にデモ演奏を含むミニ・ジャズ・ワークショップが開催されますので是非ご参加下さい!

教員:香取良彦 (講座・p)
共演:大垣知也 (e.bass)[卒業生]、佐藤敬幸 (a.sax)[現役生]

参加申込みはこちらから
※恐れ入りますが音楽大学入学を目指す方が対象となります。

開催場所:
㈱ヤマハミュージックリテイリング札幌店・札幌センター
札幌市中央区北5条西5丁目-7 sapporo55 4F

お問い合わせ:
洗足学園音楽大学 入試センター
TEL:044-856-2955 FAX:044-856-2968
E-mail:entry@senzoku.ac.jp

2015年6月11日 (木)

「ちぐさ賞」受賞の遠藤定(bass)がアルバムを発表

横浜にある老舗「ジャズ喫茶ちぐさ」から昨秋「第2回ちぐさ賞」を受賞した、洗足ジャズコースの卒業生(2011年卒)でベーシスト遠藤定(えんどう じょう)君がリーダー・アルバムをリリースしました。

Photo

遠藤定web site

第2回ちぐさ賞
(ジャズ喫茶ちぐさ様:勝手ながらのリンク、感謝申し上げます)

Joe Endo / It's Now or Never
71ginunudvl_sl1042_

2015年6月 9日 (火)

Do Jazz ! Senzoku 2015 「How i Rhythm !?」

今年も洗足学園音楽大学ジャズコースの一大イベントの季節がやってまいりました。
7/5(日)前田ホールで行なわれる Do Jazz ! Senzoku です。
洗足にジャズコースが設立されて20年が経とうとしており、その指導陣、卒業生等が中心となって演奏するこのコンサートも今回で実に20回目を迎えます。
4年前に打ち出されたコンセプトは「How i jazz !?」──
私 はどのようにジャズするか!?でした。
そして本年のテーマは「How i Rhythm !?」。
 
ジャズは100年以上の歴史の中で、大きな変化、発展を遂げて来ました。
その中で重要な要素がリズムの変化です。マヌーシュスイング、モダンジャズ~コンテンポラリージャズ、ブラジリアンジャズ、ファンクジャズなどバラエティーに富んだサウンドとグルーヴをお届けいたします。皆様の御来場を心よりお待ちしております。
Djs2015_2
 
出演(◎本学講師 ★本学卒業生)
「マヌーシュスイング」
有田純弘 guitar, leader ◎
谷口英治 clarinet ◎
沼尻了恵 guitar  ★
高木大輔 guitar  ★
遠藤定 bass  ★
三槻直子 vocal ◎
「モダンジャズ〜コンテンポラリージャズ」
多田誠司 alto saxophone, leader ◎
原朋直 trumpet  ◎
松本治 trombone  ◎
元岡一英 piano  ◎
水谷浩章 bass  ◎
池長一美 drums  ◎
「ブラジリアンジャズ」
松山修 drums, leader  ◎
小林豊美 flute ◎★ 
紺田凌平 guitar  ★
佐藤浩一 piano  ◎★
水谷浩章 bass  ◎
岡部洋一 percussion  ◎
三槻直子 vocal ◎
「ファンクジャズ」
佐藤達哉 tenor saxophone, leader ◎ 
布川俊樹 guitar ◎
佐藤浩一 keyboard  ◎★
山本連 bass 
小笠原拓海 drums  ★
岡部洋一 percussion  ◎
CHAKA vocal ◎
 

演奏会日時


2015.7.5 Sun
前田ホール
開場:16:30 開演:17:00
終演予定:19:10
■有料■
一般 :1000円
本学学生・学園教職員 :無料
未就学児童入場可

文責(布川俊樹:洗足学園音楽大学ジャズコース講師、アカデミックコーディネイター)

2015年6月 5日 (金)

ニューヨーク研修の模様が掲載されました

今年2月に行われたジャズコースのニューヨーク研修で英語の発音ワークショップに参加したのですが、その時の模様が“NY Niche (N.Y.ニッチ)”というウェブマガジンに掲載されました。

Img_0219
いわゆるジャパニーズイングリッシュと本物の英語の発音は何がどう違うのか──など、発音のスペシャリストである“ジョシュア・ポペノ氏”による、日本人に特化した発音矯正メソッドの内容が詳しく書かれています。

 

NY Niche:【No.50 なぜあなたの「ホット・ティー」は通じないのか? 日本人に特化した発音矯正、ポペノ・メソッドで目ウロコ百枚落ち!】
http://nyniche.com/archives/9577