« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

ニューヨーク研修(その7・最終回)

プログラム最終日(7日目)は、超一流(って今回みなそうですが⋯⋯)Alto Sax プレイヤー、Steve Willson氏のワークショップです。

Img_0604まずは"My Little Swade Shoes"の圧倒的な演奏を皆に披露してくれました。

Img_0590ジャズという音楽の複雑な歴史的背景を知ることが重要だと語ったWillson氏。

Img_0618_2アンサンブルの中での役割についても語ってくれ、バンドはより魅力的に表現しはじめます。

Img_0639独自の譜面を配布して、アドリブ・フレーズの構築のしかたの一例を、ご自身が実演しながら教えて下さいました。

Img_0646学生たちに大人気だったSteve Willson氏を囲んで。

以上でこの研修旅行の基本的なプログラムは終了しました。最後の晩にこの一週間の成果発表会が行われました。

Img_0648_2最後の晩、銀座線?(Sライン!)に乗って、成果発表会へ。

Img_0650

Img_0652中華を囲んで、この一週間の成果を語り合った学生たち。宮嶋氏の発案で、発言者のいいところを他の人たちが発表し合いました。

Img_0654ホテルに帰り、途中から合流してくれたNY在住のジャズコース卒業生、阿部大輔さん(Gt, 1番右手前)とともに記念撮影。そして解散⋯⋯

Img_0658と思いきや、この日と次の日が誕生日のふたりに、皆からNYチーズ・ケーキが贈られました。

以上、今回のNY研修旅行プログラムは総て終了です。時差ボケに苦しみながらも、病気・怪我・事故などなく無事やり遂げることができました。

最後になりましたが、今回の素晴らしいプログラムをコーディネイトして下さった宮嶋みぎわさんと鈴木陽平さんに、この場を借りて心より御礼申し上げます。

(Mosquito)

【学生による同時進行中SNSもご覧下さい!】

武藤・facebook
https://m.facebook.com/yukiko.mutou?refsrc=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch&_rdr

小池・facebook
https://www.facebook.com/anna.koike.714

原田・facebook
https://www.facebook.com/kayakoharada.jazzvocal

成田・ブログ
http://ameblo.jp/naritaso/

2015年2月27日 (金)

ニューヨーク研修(その6)

この日はまず、地下鉄"3"ラインの終点、168丁目駅までやってきました。

Img_0397

Img_0434

目的は川向こう(bronx)に見えるヤンキー・スタジアムで観戦⋯⋯ではなく、Frederick Douglass校との交流で、この学校は将来アイビー・リーグ入学を目指ざせるレベルの中・高一貫校です。

Img_0399

Img_0410この学校は驚くほど多方面に学生を学習させており、日本語を勉強して日本に修学旅行に行く学生も多数います。そういった日本語を履修している学生が、校内を案内してくれました。

Img_0425交流した学生たちの前でささやかな演奏をするジャズコース生。

Img_0430関係者全員で記念撮影。

その後、125丁目にあるアポロ劇場見学に向かいました。アポロ劇場は1934年スタート、第1回目の公演には15歳のエラ・フィッツジェラルドが出演、その後もジャクソン・ファイブ、ジェームズ・ブラウン、スティービー・ワンダーほか多数のスターが出演したジャズ・ポピュラー音楽のまさに殿堂です。

Img_0441遠目にアポロ劇場が見えてきます。

Img_0445アポロ劇場に到着。

Img_0451Mr.アポロと呼ばれるビリー・ミッチェル氏の惹きつけられるお話しと、通訳して下さったコーディネーターの鈴木さん。

Img_0456アマチュアは"希望の木"に触ってからパフォーマンスを始めなければなりません、、

Img_0479というわけで、ステージに乗せてもらう学生たち。

Img_0468見学者は模擬パフォーマンスをすることができるのです。

Img_0490過去に出演した人たちの壁サイン。Mr. アポロ自身が、著名人のサインの場所を教えてくれました。マイケル・ジャクソンたちが使ったという楽屋も見学できます。

Img_0511ホールは大変素敵な装飾と作りになっていました。

Img_0515昼食は近くのソフル・フード・デリで。

Img_0519

そして夜になって、再びアポロ劇場にやってきました。目的は"アマチュア・ナイト"です。これは、事前選考を通過したアマチュアが、会場のお客様の声援の大きさで競う、コンペ形式のコンサートです。

Img_0531というわけで、夜のアポロ劇場はやはり雰囲気が違いました。

Img_0534会場はDJによる盛り上げですでに通路で踊る状態に⋯⋯しかもコンペが始まる前のイベントで、ジャズコースのNさんが会場から選ばれる3人の内の1人に!

Img_0546ゴキゲンなファンク・バンドをバックに、軽妙なしゃべりと最高のノリ、煽りを見せた司会者たち。

Img_0559ステージでステキな踊りを披露することになったNさん。

Img_0575会場でグラミー賞ノミネート者として紹介された宮嶋みぎわさん。

Img_0577洗足学園音楽大学の学生たちも紹介されました。

Img_0585

というわけで、長い1日が終わりました。

【学生による同時進行中SNSもご覧下さい!】

武藤・facebook
https://m.facebook.com/yukiko.mutou?refsrc=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch&_rdr

小池・facebook
https://www.facebook.com/anna.koike.714

原田・facebook
https://www.facebook.com/kayakoharada.jazzvocal

成田・ブログ
http://ameblo.jp/naritaso/

2015年2月26日 (木)

ニューヨーク研修(その5)

研修5日目は、世界のトップ・コンポーザー/アレンジャーでトロンボニストのJim McNeely氏による、作・編曲マスター・クラスから始まりました。

Img_0320超多忙、当日朝も道路が凍結して大変な中、我々のためにしっかり時間を作って下さったMcNeely氏。

Img_0328

Img_0338McNeely氏のピアノを囲んで、学生が持参した曲、一曲一曲に対してされるコメントを聴きました。

この日の午後は、BMIコンポーザーズ・ワークショップのリーディング・セッションを見学しました。これはNYの新進気鋭のビッグバンド作曲家が、NYで活躍するミュージシャンに自作曲の音出しをしてもらえる勉強会です。著作権管理会社がこのような音楽的向上を支援しているということは驚くべきことです。

Img_0356指揮・監督するのはJim McNeely氏。数々の新曲が題材に挙げられ、McNeely氏はもちろん、演奏者からも曲に対するコメントがされています。

Img_0360NYで1番大きな楽器ショップSam Ashでの買い物の帰り。エンパイヤステート・ビルが綺麗に光っていました。

この日夜のプログラムは、VJOで活躍するドラマーJohn Riley氏による演奏に関する指導です。

Img_0368楽器を使いつつ、音楽にとって何が1番大切なことなのか、といった思考するところから話し始めたRiley氏。

Img_0372

Img_0383アンサンブルにおけるコミュニケーションの大切さについて、共演してくれながら説明して下さいました。

Riley氏は時間を30分以上オーバーして熱心に音楽について語ってくれ、個別の質問にもさらに答えて下さったのが印象的でした。

【学生による同時進行中SNSもご覧下さい!】

武藤・facebook
https://m.facebook.com/yukiko.mutou?refsrc=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch&_rdr

小池・facebook
https://www.facebook.com/anna.koike.714

原田・facebook
https://www.facebook.com/kayakoharada.jazzvocal

成田・ブログ
http://ameblo.jp/naritaso/

2015年2月24日 (火)

ニューヨーク研修(その4)

研修4日目です。今日は7:30にホテルを出発し、Rライン(地下鉄)に乗ってブルックリンにある高校へ交流に向かいました。極寒で風の吹く中歩いてXaverian(ザヴァリアン)高校に着きました。

この学校はNYにおける理数系の超優秀校ですが、音楽のようなパフォーミング・アーツ、スポーツにと学業だけではなく力を入れているとのことです。

Img_0235到着すると、まず学校内を案内して下さいました。音楽室で説明してくれる、高校ビッグバンド担当のLoposky先生は、オーケストラのトランペッターでもあります。

Img_0240高校生の演奏を聴いた後に、洗足の学生も混じってブルースを演奏しました。

Img_0244混声バンドで歌う洗足の学生。

Img_0252洗足ジャズコースの学生も、バンドをいくつか編成して高校生の前で演奏を披露しました。

Img_0259全員で記念撮影。

Img_0266"あこがれの黄色いSchool Bus"で駅近くまで送ってもらいました。

Img_0273ブルックリンはイタリアからの移住者の街ということで、昼食は皆でピザを頂きました。

午後はグラミー賞受賞者のトロンボニスト、Douglas Purviance氏によるワークショップです。

Img_0276管楽器店に付随したスタジオ。

Img_0287ときに楽器を吹きながら、ニューヨークに出てくることの意味、練習の方法や音楽人生について、学生の質問に答えたりしながらお話しして下さいました。

Img_0306ささやかなお土産に皆で作った折り紙を受け取るパーヴァイアンス氏。

Img_0309遠方から到着してワークショップ、この後VJOの演奏がある忙しい身でありながら快くワークショップをもって下さいました。

Img_0311この日は月曜日ですので、Vanguard Jazz Orchestra (VJO)によるMonday night liveを聴きに、Village Vanguardにやって来ました。

Img_0312Village Vanguardは1935年スタートのジャズ史上においても重要な老舗ジャズ・クラブ。コ・バンド・リーダーであるパーヴァイアンス氏も演奏したVJOのライヴは世界トップのクオリティでした。

この晩、NYは-13度(朝には-15度)まで気温が下がり、研修の学生たちはホテルへと帰る道を急ぎました。

【学生による同時進行中SNSもご覧下さい!】

武藤・facebook
https://m.facebook.com/yukiko.mutou?refsrc=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch&_rdr

小池・facebook
https://www.facebook.com/anna.koike.714

原田・facebook
https://www.facebook.com/kayakoharada.jazzvocal

成田・ブログ
http://ameblo.jp/naritaso/

2015年2月23日 (月)

ニューヨーク研修(その3)

3日目は日曜日で、まずハーレムにある教会の礼拝で行われるゴスペル・クワイアなどを見せてもらいにいきました。

Img_0161足下がぐちゃぐちゃの中、閑散とした日曜のハーレム(116丁目付近)を教会に向かいます。

Img_0180どこかの商店と見まがうような狭い入り口を入ると、教会とも思えないようなホールが出現。いわゆる"説教"が始まる前の時間、ゴスペル・クワイアを中心としたパフォーマンスが見られます。舞台左奥にはバンド・スタンドもあって、音響も本格的なもの。

Img_0190集団パントマイム?のようなパフォーマンス。楽しませながらも福音に沿った教えを披露しています。

Img_0193次のプログラムまでの間、グループ行動でColumbus Circleに来た学生たち。

Img_0194_2ジャズ・アット・リンカーン・センターにて。

Img_0202リンカーン・センターの中にある、ジュリアード・スクール前にて。

Img_0204セントラル・パークで昼食。

Img_0219Popenoe氏による英語の発音ワークショップ。ボーカリストでもある彼の創り上げた発音指導法は明快かつ実際的でユーモアにあふれ、ボーカルの学生たちだけでなく全員を惹きつけました。

Img_0224Popenoe氏と記念撮影。

ということで、3日目のプログラムを終了。この日は夕方以後、自由行動/ホテルで早めの休憩となりました。

【学生による同時進行中SNSもご覧下さい!】

武藤・facebook
https://m.facebook.com/yukiko.mutou?refsrc=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch&_rdr

小池・facebook
https://www.facebook.com/anna.koike.714

原田・facebook
https://www.facebook.com/kayakoharada.jazzvocal

成田・ブログ
http://ameblo.jp/naritaso/

ニューヨーク研修(その2)

さて、一夜明けて、まず午前中はGershwin Theaterに歩いて行き、ブロードウェイ・ミュージカル"Wicked"のバックステージ・ツアー、そして本編鑑賞です。

Img_0077Gershwin Theaterに向けて歩き始めました。

Img_0083今回コーディネートをして下さった宮嶋さん(左)と鈴木さん(右)

Img_0097今かかっている"Wicked"を具体例に一般的なミュージカルに関する運営・裏方の仕事などを、"Wicked"のActor自身が上手に(見事に、そして無駄なく丁寧に)説明してくれました。

Img_0093"Wicked"の役割構成図。素晴らしく調えられた役割を密接に連携することで複雑・華麗な舞台が作られていることがわかります。

Img_0107実際の舞台セットや進行のしかたなどを色々な角度から説明してくれました。

Img_0115ツアー最後に記念撮影。

Img_0118本番前のグループ行動では、楽器ショップを覗いたりしました⋯⋯

"Wicked"本番は写真撮影等禁止なので、写真がありません⋯⋯素晴らしい総合芸術にみな感動してシアター出てみると、、

Img_0120なんと雪が降っておりました。今年のNYは寒く雪が多いようです。

Img_0129投宿先のホテルもすっかり雪模様に。

Img_0132雪の中、最初のワークショップが行われるスタジオに入ります。

Img_0134NYで様々な音楽活動をされている、宮嶋みぎわさんのお話しは、学生にとって大変刺激的かつ様々に考えさせられるものでした。

Img_0154その晩、一部の学生はNYジャズクラブの老舗"Birdland"にBilly Childのバンドを聴きに行きました。Alto Saxは我々にワークショップを開いてくれるSteve Willson氏。

Img_0156演奏後、テーブルに来て気さくに話して下さったWillson氏と。

というわけで、充実した2日目が終了しました。

【学生による同時進行中SNSもご覧下さい!】

武藤・facebook
https://m.facebook.com/yukiko.mutou?refsrc=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch&_rdr

小池・facebook
https://www.facebook.com/anna.koike.714

原田・facebook
https://www.facebook.com/kayakoharada.jazzvocal

成田・ブログ
http://ameblo.jp/naritaso/

2015年2月21日 (土)

ニューヨーク研修(その1)

ジャズコースNY研修が2/20金曜日、スタートしました。

今回は2/28土曜日(帰着日)まで約一週間NYに滞在し、さまざまなイベントを楽しみます。

Img_0002成田出発前。交替でレスナーなどへのお土産作りと食事をしながら過ごしました。

Img_0608順調な12時間半のフライトと入国審査後、気温-10度ぐらい?の空港で。

Img_0033ニューアーク空港からはミニバスでマンハッタンに向かいました。

Img_0042ニュージャージーからマンハッタンを臨む。

Img_0048ホテルにチェックイン後、早速地下鉄に乗って移動しました。

Img_0050コリアン・タウンで韓国料理を食べた後、街角で。

Img_0061タイムズ・スクエアにて。

というわけで、無事に長い1日目を終え、いよいよ朝から活動が始まります。
(Mosquito)

【学生による同時進行中SNSもご覧下さい!】

武藤・facebook
https://m.facebook.com/yukiko.mutou?refsrc=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch&_rdr

小池・facebook
https://www.facebook.com/anna.koike.714

原田・facebook
https://www.facebook.com/kayakoharada.jazzvocal

成田・ブログ
http://ameblo.jp/naritaso/

2015年2月18日 (水)

ニューヨーク研修!

洗足音楽大学ジャズコースでは、アメリカへの研修旅行を毎年のように行っています。近年ではH23=マイアミ、H24=ニューヨーク(NY)、(H25=NYジュリアードからの講師陣来日)のようになっており、このH26年度(H27.2月)は再びNYへの研修旅行となりました。実のところ、この2/20、NYに向けてまさに出発しようとしています!

もちろんNYにおけるスケジュールはすでにプランされていますが、あまり詳しい行動日程はセキュリティ上まえもって公開できませんので、日を追ってこれから是非ご紹介していきたいと思います。このNY研修の様子は、このブログをオフィシャルなものとしながらも、参加学生有志による複数並行発信でお伝えしていきたいと考えています。

武藤・facebook
https://m.facebook.com/yukiko.mutou?refsrc=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2Fsearch&_rdr

小池・facebook
https://www.facebook.com/anna.koike.714

原田・facebook
https://www.facebook.com/kayakoharada.jazzvocal

成田・ブログ
http://ameblo.jp/naritaso/

ジャズコースブログ
http://blog.senzoku.ac.jp/jazzblog/

どうぞ2/21土曜日以後の書き込みにご注目下さい!