« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月24日 (金)

「コブラ祭り」へのお誘い〜水谷浩章先生より

洗足学園音楽大学 ジャズ・コースのアンサンブル・ラボ
『インプロヴァイズ ド・ミュージック考』
 が企画いたしますセッション。
 通称「コブラ祭り」へのお誘いです。

JOHN ZORN による『COBRA』というスコアを使います。『COBRA』は、十数人の プレイヤーと、一人のプロンプター(指揮者)によって行われるゲーム・ピー スです。演奏形態を指定する数枚のカード、演奏者のサインによるカード・コ ール、その他複数のシステムを駆使して、参加者全員の合議制により音楽が進 行していく、フリーな集団即興を行うにあたって、画期的なシステムです。

当クラスを受講した経験のある卒業生、学外の『COBRA』経験者にも呼びかけています。
気軽に見学・参加しに来てください。多分、観ているだけでも面白い。


 日時:2011年1月22日(土) 13:00~17:00
 場所:洗足学園音楽大学 ブラックホール内 B103 教室


※「見学」及び「お試し参加」自由!!!

※最初に簡単なルールを説明を行います。コブラ初体験の方は、なるべく 13:00 の開始時間から来てください。


水谷浩章

2010年12月21日 (火)

ワード・オブ・ザ・マウス演奏シリーズ(第3回)〜大坂昌彦(drums)

SG Jazz Faculty Word-of-Mouth Performance Series
(ワード・オブ・マウス演奏シリーズ)

日時:2011年1月13日(木) 18時開場 18時半開演
会場:ビッグマウス
入場:無料
未就学児:不可

第3回目の出演は、ドラムの大坂 昌彦先生 です。 どうぞご期待ください。

出演:
ドラム 大坂 昌彦 (本学講師)
ピアノ 今泉 正明 (本学講師)
オルガン 黒瀬 香菜 (本学ジャズコース学生)

《大坂昌彦先生からのコメント》
こんな機会でもなければなかなかやれない事をしようと思いました。オルガンとピアノ。一見、どちらも鍵盤楽器でキャラクターが重複しそうに感じるかも知れませんが、 実はかなり違う性質をお互いが持っています。この似て非なる楽器のメルティング・スポットに、ドラムが入る事から、 新しい音体験を創り出す試みです。僕自身、とても楽しみにしています。

↓チラシをダウンロードできます。
word_of_mouthoutline2.pdfをダウンロード

洗足学園音楽大学ビッグマウス(ブラックホール内ライヴ・スペース)で行われる、
ジャスコース教員リーダーによるコンサート・シリーズです。
学生たちが、まさに教員リーダーのバンド・メンバーとしてステージに上がり、
ハイテンションな演奏を披露します。
ビッグマウスは大口(をたたく)の意ですが、
そのMouthから生まれてくる言葉とはどのような!?
また、Word-of-Mouth──クチコミの意の通り、
このパブリック・オープンなコンサート・シリーズが人づてに活況を呈する、
という願いも込められています。
リーダーとなる教員ごとの個性あふれるバンドさばきを、
どうぞ毎回お楽しみいただければと思います。

2010年12月13日 (月)

片倉真由子(p) workshopを終えて

本日、卒業生の片倉真由子さんのworkshopがひらかれました。

短大時代のジャズコースを10年前に卒業し、バークリー音楽大学、ジュリアード音楽院に学んだ彼女。まさに新進気鋭の、話題のピアニストの話を聴こうと、ジャズコースの学生がB103教室に詰めかけました。10年前、ジャズコースはまだ横浜市内にあって、しかしたった2年間で超絶に上手くなった彼女の(その後の)話を、私も楽しみにしておりました。

Just Friendsを在学生のBass, Drumsと演奏、一曲でその確かな技術と音楽性を披露したのち、彼女のさまざまな経験が語られ始めました。ことにアメリカの文化、歴史、言語……とジャズの切っても切れない関係。あるいは一曲を集中して聴くことの大切さ、"See a big picture"の意味するところなど、多岐にわたりました。

しかし私が、いや、そこにいた人たちのほとんど全てが感銘を受けたであろうことは、彼女のジャズに対する姿勢、そしてその強靱な気持ちでしょう。ジャズに向かって貫き通された強い意志と、集中力。いやぁ、このような先輩を目の前で見ることの、無言の示唆は凄みさえありました。これだけでも彼女に来てもらった価値はじゅうぶんありました。

workshopが終わってからも、学生たちはいろいろと彼女に質問したり話しかけていましたね。相当琴線に触れたようです。学生たちも今回こそは、ことさら人生考えさせられたんじゃないかなぁ。。。

あらためて片倉真由子さんに感謝。(mosquito)

2010年12月 7日 (火)

ワード・オブ・ザ・マウス演奏シリーズ(第2回)〜水谷浩章(bass)

SG Jazz Faculty Word-of-Mouth Performance Series

===========================
JOHN ZORN'S COBRA 洗足作戦
===========================

John Zorn's Cobra Senzoku Operation


コブラは、1984年にジョン・ゾーンが作曲したゲームの理論を応用した即興演 奏のシステム。約10名のプレイヤーが半円形に一人の指揮者的人物プロンプターを囲んで、 19枚のカードとそれに対応したサインによって音楽が作られていく。百聞は一見にしかず。

----------------------

水谷浩章 部隊

秋元修 ドラムス
梅村隆寛 ギター
柿本論理 ベース
狩野達郎 ベース
小西遼 サックス
小鷲翔太 ドラムス
佐々木祥一 サックス
竹中愛美 ピアノ、etc
野崎大雅 ピアノ、etc
平井友一朗 トランペット
水野大祐 ベース
米山智行 サックス

プロンプター:水谷浩章

----------------------

12月15日(水)

場所:洗足学園音楽大学キャンパス内、ビッグマウス
開場:18:00
開園:18:30

入場無料
未就学児入場可


洗足学園音楽大学
 神奈川県川崎市高津区久本2-3-1
 http://www.senzoku.ac.jp/music/index.html

----------------------
洗足学園音楽大学ビッグマウス(ブラックホール内ライヴ・スペース) で行 われる、ジャスコース教員リーダーによるコンサート・シリーズです。学生たちが、まさに教員リーダーのバンド・メンバーとしてステージに上が り、ハイテンションな演奏を披露します。ビッグマウスは大口(をたたく) の意ですが、そのMouth から生まれてくる 言葉とはどのような!? また、Word-of-Mouth──クチコミの意の通り、このパブリック・オープンな コンサート・シリーズが人づてに活況を呈する、という願いも込められていま す。リーダーとなる教員ごとの個性あふれるバンドさばきを、どうぞ毎回お楽しみ いただければと思います。
今回の出演は、ベースの講師、水谷浩章です。どうぞご期待下さい。
==========================