大学入試 Feed

2013年9月 7日 (土)

【新校舎】eキューブ内部の最新リポート!

夏休みの洗足は9月から新校舎がオープンした関係で

出席管理のためのICリーダーなど様々な設備が夏休みの間に導入されていましたup

今回は工事中からかねがね気になっていた

新校舎の中身をさっそく見学に行ったのでリポートしてみようと思いますnote

▽大学内部から見たe-キューブ と シルバーマウンテン

Photo_1

eキューブは先生たちの教員室や教務部などの事務棟になるようです。

▽壁のタイルはこんな感じ… 色鮮やかですねぇ

Photo

▽1F内部に潜入!iPad がたくさん…まるで App●e Store ?笑

Photo_3

ド派手な外見と裏腹に中は非常にスタイリッシュですっきりしていましたscissors

一緒に行ったお友達は「アメリカのオフィスみたい!」と言っていましたが

本当にたとえるならそんな感じの内装ですflag

▽次回はシルバーマウンテンの中をご紹介します!

  お楽しみに!笑

Photo_2

扉のデザインが前のアンサンブルシティよりも

お洒落になっていて個人的には好印象でした~

早く中も見てみたいです!!dash



2012年8月21日 (火)

音大のAO入試 Part2

こんばんは〜、夏休みも残り半分を切ってしまった洗足生のYURIですthunder


うちの学校は本当に本当に夏休みが少なくて


一般大学の1/2(基準は某国立大学です←)


そして、小学生の夏休みと日数が変わらないという


非常に短いものになっておりますsweat01(笑)


でも、考えを変えれば


その分先生方からレッスンを受けられる時間も長いという事で


ある意味、時間は少ないから頑張りなさいよという


学校からの配慮だったりするのかもしれません←


さて、今回は音大のAO入試についてまたまた書いてみようと思います。


↓前回の記事はこちら!

音大のAO入試Part1

音大選びでポイントとなるのは普通の大学と同じ

オープンキャンパス/講習会です。

実際の校舎で説明を受けたり、講師や学生との座談会もあったり

大学のおおまかな雰囲気を掴むにはもってこいの場所です。


そこで!今回はオープンキャンパス/講習会で見ておくと良いポイント


挙げてみようと思います。(かなり主観的なので責任は負いかねますsweat01


洗足に限らず色んな音楽大学でこれを見ておくと


大学選びのポイントになるかな〜と思います。


●レッスンの雰囲気等


普通の大学のオープンキャンパスと違うのは


なんといっても、大学で講師の先生方のレッスンが受けられる事


(※大学によって異なりますが、大体はマンツーマンです)


大学に入学する前から先生に師事していない場合は


ここで、先生の指導方針や人となりを感じておくと良いと思います。

入学後に自分と相性が合わない方だと上手く伸びませんもんね;;


(※大学によっては入学後に先生のご指名が出来ない場合がある様です。
 その場合は講習会等で顔を覚えて頂く方が有利だと思います)



●設備


これも意外と重要だったりします。


・練習場所はきちんと確保されているか

・学食等、食事が出来る場所はあるか。

・ピアノはきちんと調律されているか

・図書室や楽器室、PCルーム等は充実しているか。


などなど、色々あると思いますが


これらの設備があまりにも酷いとそこで学ぶ事は


少し考えた方が良いと思います。


(ピアノの調律に関しては色んな人が弾くので多少の狂いは仕方ないですが

音が半音以上狂っていたり教員がピアノの上に座っている様な所もありましたので;;)



また、新校舎が建設される場合にはどんな設備が増えるのか


また完成はいつなのかを見ておくと良いと思います。




-part3に続く?-


2012年8月 8日 (水)

AO入試 Part1

今年も大変暑い夏になっていますが


体調の方は大丈夫でしょうか?


私は暑すぎるのか最近ペットボトルの消費率が


大変酷くなってきていてとても大変な事になっています


(箱買いしたペットボトルが3日後には・・・sad


皆さんも沢山水分補給をして体を大事にしてくださいrain


ついこの間、洗足では第一回目のAO入試があり


沢山の受験生が受験に来た様ですnote


私の妹は普通の大学への受験を考えているのですが

結構音大受験とは違う部分も多い様で


・・・母親たちは凄く困惑しているみたいですrain


逆に言うと先に一般大学の受験を経験してしまっていると


音大受験で戸惑う事も多いのかな〜とも思いました。


そこで、今回は私の入試について少しだけ書いてみようと思います。


●大学選び



大学を選んだ理由については昔の記事に書いてあったので


こちらをご覧頂くと分かりやすいと思います(笑)


http://blog.senzoku.ac.jp/glory_life/2012/01/post-2ccc.html


私の場合は師事したい先生がいらっしゃる、という理由でしたが


音デの場合は

・作曲編曲だけでなく、Rec専攻やPA専攻がいるので出来る幅が広い

・設備がかなり充実している

・他のコースと交流しようと思えば色んな事ができる


という理由が多いと思います。


授業についても音デは”商業音楽向きの作曲”に特化した


授業が非常に多いのも特徴で、これによって


クラシック作曲科との差別化を計っています。


まだこういった授業を取り入れている大学は少ないので


ある意味希少なのかもしれません。



●私が感じる洗足の学風


「進みたい!」と思えば、学校が止める事無く

「進ませてくれる」というのが大きな特徴なのかな?
と思います。


私は、決められた枠の中に入る事が正直苦手な人間なので


必修が多すぎる大学よりも、先生が敷いたレールに沿うだけの大学よりも


自分で取捨選択していき、自分の意志で学ぶ学風の方が


あっている様に感じました


洗足は必修科目が少ない代わりに、沢山の選択科目があります


不必要な必修授業が少ない代わりに、必要な物まで選択になっているので


そこの見極めはきわめて重要ですが枠の中に入るのが苦手な人間にとっては


非常にありがたいシステムです(笑)


●志望した時期



私が音大受験を決めたのは高校一年の冬でした。


夏ぐらいから色んな大学のオープンキャンパスに行っていたり


しましたが、学風や先生を見てもここの大学が自分にあっているのかな?


と思い洗足を第一志望に決めてからは、附属の音楽教室で本格的な受験対策に入りました。



蛇足ですが、音楽教室は大学の校舎を使って勉強するので


大学入試へのモチベーションもかなり上がっていたと思います←





プロフィール



●HN
YURI
●所属
洗足学園音楽大学
音楽音響デザイン
2011年入学
劇伴作曲専攻
●マイブーム
家計簿を付ける事
●好きな言葉
”辛いと思いながら努力”するより”楽しみながら努力”をできるようにしよう
●一言
洗足でドラマや映画の
BGMを作れるように日々頑張ってます
まだまだ未熟者ですが
よろしくお願いします!