時事ねた Feed

2013年3月29日 (金)

非常用バッグの点検

早いもので震災からもう2年も経過してしまいましたが
大きなインパクトがあったせいなのでしょうか・・・
まだついこの間起こった事のように感じてしまいます

震災を決して風化させてはいけないのと同時に
私たちもその教訓を決して無駄にしてはいけない
なんだかそう感じたので久しぶりに非常用バッグの点検や
非常時の対策を家族で話あってきました。

非常用バッグには
自宅が崩壊してしまったか
ライフラインの復旧に大幅な遅れが見込まれた時の
避難所生活用バッグ

今回の震災の様に津波で早急に逃げなければいけない様な場合の
緊急避難用バッグ
の二種類が必要だと言われています。

あと家族用をひとつにまとめるのではなく
一人一つあった方がけんかにならずに済むとか・・・・。

私も緊急避難用バッグについては初耳だったので
せっかくなのでこれを機に用意してみました。
こんな感じです。
Hijoubag5
▲幼い時にかって貰ったウエストポーチを再活用しました。
とにかく急いで避難出来る様に最低限の物資を出来るだけ軽く詰める様にすると良い様です。
Hijoubag3
▲中身はこんな感じ。

□食品 カロリーメイト・缶詰・ゼリー飲料・レトルト食品
□応急手当セット・常備薬
□LEDライト・笛
□連絡先・写真(家族と離れてしまった時のため)身分証のコピー
□靴下の替え、レインコート
□現金(硬貨を多めにしてください・・・とのことです)
□大学配布の非常時マニュアル

Hijoubag
▲生活用バッグも再点検していくつか物品を追加しておきました。

□石けん類/保冷剤(水タイプ)
□ゼリー飲料/缶詰食品/
□応急処置セット/N95マスク/マスク/常備薬
□コップ/歯磨きセット/簡易トイレ/ボストンバッグ
□新聞紙/サランラップ/ほっかいろ
□ビニール袋/ゴミ袋/ティッシュ
□メモ帳/油性ペン/替えの靴下/軍手
□時計(ソーラー式。防水加工のもの)
Hijoubag2

N95マスクはちょっと大きめのドラッグストアで見つけました。
新聞紙はちょっとした防寒剤になったり火をつけられたりと万能。
ボストンバッグは簡易お手洗いになったりサブバッグになったりするそうです。
あと食品は乾物だと食べにくいのでできるだけ美味しそうなものを詰めて起きました。
Hijoshoku


(最初はコンビーフやシーチキンなどポピュラーな物ばかりでしたが
 新しく焼き鳥や牛すじこんにゃく、コアラのマーチビスケット等を追加しました)
思いのほか賞味期限が切れてるものもあったので
この機会に非常袋を一人一つ作ってみてはいかがでしょうか?


2013年3月11日 (月)

東日本大震災から2年。

今日で2011年の大震災から2年の月日が経過しました。

2年というと結構な時が流れた様な感じに聞こえますが

震災が起こった日の事がまるでまだ昨日の様に思えてしまいます。

私自身は東北地方の出身ではありませんが

津波で多くの物が流されて行く動画や写真

そして被災後の町並みの写真

大切な人を亡くしたご家族の顔の写真を見るたびに

ニュースやインターネットを見るのがとても辛くなり

募金をすることしか出来ない自分をふがいなく思い

(一般人のボランティアは足手まといになることが多いと

聞いたので私はあえて参加しませんでした。)

けれど、多くの国々から応援のメッセージと支援が届いた事を

日本人として嬉しく思ったりもしました。

一部「お祝いします」といった国も有りましたが・・・

復興が終わっていない地域も沢山有り余震もまだ完全には終わっていませんし

むしろ今後5年以内に関東でも同レベルの首都直下地震や

南海トラフ大地震が起こるのではないか?と噂されていたりもします。

私もこの時期が近づくと、防災袋の点検をしたり

不足していた物を買い足したり

まだまだ復興が遅れている東北地方への募金箱に募金をしたり

今年はなんとか平和に過ごせて本当に良かったと思ったり・・・

自分に出来る事を細々とやりつつ

震災の事を極力忘れない様に心がけています。

そして最近では地震や津波、二次災害の火災、生き埋めになる可能性や

対処法、予防策等の情報を自ら収集したりする様になりました。

(蛇足ですが東京等の都心部では津波もそうですが

火災や生き埋め等の被害がかなり大きくなる事が予想されています。)

これからも震災の事を決して忘れず

例えおばあさんになってもあの大地震の事を

忘れない様に伝えて行きたい、そう思います。

2013年2月24日 (日)

セラピードッグ ベイリーさん

癒しを求めてYoutubeで動物の動画漁りをすることが

自分の中で日課になりつつあるYURIです。

ひたすら可愛いゴールデンレトリバーの動画に

癒されてた私なのですが、ある日一件の気になる動画を見つけました。


静岡の小児科専門病院(今は神奈川の病院に転属されたみたいです)に

毎日通っていたセラピードッグのベイリー君

特集したテレビ番組の動画です。

手術や検査に行きたく無い子供達に付き添ってあげたり

安静が必要な子供の為に添い寝をしてあげたり


薬が飲めない子の為に応援をしにいったり

時には話し相手や遊び相手になってあげたり・・・


大人でも辛い事が病院生活に明かりを灯してくれている犬

それがベイリー君の様な病院常勤のセラピードッグのお仕事だと

紹介されていました。

手術前にベイリー君とお散歩に行くと

心拍数や血圧が安定しやすくなったり

ベイリー君とふれあいたいが為に

手術跡のリハビリを頑張ったり


ベイリー君が医療行為に組み込まれている事が

大きな特徴になっているようですsun

(医療行為を行うという意味では

セラピードッグというよりナース犬に近いかも。笑)



アメリカでは盲導犬や介助犬等と同等に扱われ

100匹以上が働いている常勤セラピードッグですが

セラピードッグですが日本ではベイリー君を含めた

2匹が静岡と横浜で活躍しているだけで

国内にはまだ盲導犬の様な専門訓練所はまだ存在しませんsad


それでも手術室手前まで行っていますが犬が原因での

感染症にかかった子供は日米合わせて0人。

定期的な検査を受けているほか

ハンドラー(犬の管理者)さんが看護士資格を持っているため

適切な処置が可能なんだそうです。


毎日病院に勤務しているから

一日限りの交流と違って本当の意味で

”友達”になれる事も大きな特徴みたいです。





正直Youtubeを見るまで常勤のセラピー犬が

海外で沢山活躍している事も知らなかったし

静岡の子供達が一匹の犬によってここまで笑顔になれる事も

全く知りませんでした。


盲導犬のや介助犬も始めはこんな感じだったみたいなので

これからもっと認知されるように

ベイリー君には頑張ってもらいたいです。


いつかベイリー君をモデルにした映画とかの音楽とか

いつか担当してみたいな〜なんて

巨大すぎる夢を抱いた今日このごろでした(笑)

2013年1月 8日 (火)

東京オリンピックを見てみたい。

東京オリンピック招致を盛り上げようと

メディアや数々のスポーツ選手がテレビや電車内の広告で

呼びかけていますが、私も出来るなら東京オリンピックを

この目で見てみたいなぁと思っている一人です。


私はスポーツが上手い訳でもないしむしろルールには疎い方です。

けれど、オリンピックが起こればいろいろな国の人が日本に訪れるし

これを機に日本を好きになってくれる人も居るかもしれません。

日本の人たちもロンドンオリンピックの時に見た

”明るい話題”を身近に感じられる事は、とても素敵な事だと思うのです。

(個人的には「康介さん手ぶらで帰らせる訳にはいかないですから」というセリフは

 とても印象に残りましたし、感動していました)


海外の方の中には漫画やアニメが好きだという人たちや

日本流のファッションを好きだと言って下さる方

日本のポップスが好きでyoutubeで歌って下さる方もいらっしゃいます

(ごり押しでは無い・・・と思います)

東京なら秋葉原や渋谷も近いですし

オリンピックのついでに・・・と外国の方が行ってくれる事もあるかもしれません。

もしかしたらオリンピック効果で一時的にでも雇用が上がるかもしれません。

産まれてこのかた”好景気”を経験した事が無い私たちでも

好景気を経験出来るチャンスかもしれません・・・。

東京オリンピック・・・見てみたいです。

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

早いもので私ももう三年生。

あっという間すぎてとても焦っていますが

3年生は就職活動ならぬ音楽事務所との

契約活動が始まる年でもあります(笑)

この一年でどこまで腕を上げられるかが勝負所。

悔いの無い学生生活を送れる様に

今年もがんばりますので

どうかよろしくお願い致します!

2012年12月15日 (土)

音大生と政治と選挙

明日は総選挙の投票日。

(YURIは春に成人しているので

運良く選挙に行く事が出来ました)

明日投票へ行ってきます。

産まれて初めての選挙という事で

色々調べたりしてみましたが・・・

やっぱり高齢者の方が投票に行く人も

純粋な母数としても大多数なので

どこも高齢者の方優先になっているのは否めないですねsweat01

分かってはいたものの、少し残念です。

音大生と政治って殆ど関係なさそうに見えますが

実際大学に入って、色んな授業を受けていると

この選挙もかなり重大なものなんだ、という事に気がつけた気がします。


例えば、ゼミで演奏会を企画してとある保育園を訪問したとき

0歳〜6歳までの可愛い子供達が部屋にあふれるぐらい

食堂(ホール代わり)に集まって

静かに、真剣に音楽を聴いてくれた事に感動しました。

(中には感動して泣いてくれた子もいました。ありがとう)

でも、打ち合わせの時に

保育園の先生はこんな事を仰っていました。

彼らのご両親がそこの保育園に預けるまで
かなりの時間やお金がかかっている事
(待機児童問題)

大部分のお母さんが保育園に預けても
子育てを理由に正社員ではなくパートになってしまうこと
(女性の非正規雇用問題)

保育園としても預かりたいのは山々だが、場所が無い事
(保育園と幼稚園の需要と供給の問題)

また、中高の教職を取っている人にとっては

イジメや就職難を苦にした自殺の増加を防ぐ

といった事や

音楽家としては

人権擁護法案の是非
歌詞の内容が大幅に制限され
 ドラマやアニメが減る事で劇伴の仕事も激減する事が予測される

若年世代としては

世代間差別
(年金、就職難、消費税、徴兵制度、その他いろいろ・・・)

色々繋がっていない様で

沢山繋がっている、という訳です。


確かに若年世代は母数も少ないですし

恐らく圧倒的に不利になることは間違い無いと思います。

けれど、若者は選挙に関心が無い・・・等と言われない為にも

とりあえず出来る事から始めてみようかな〜と思っています。

▼一度読んでみてください▼
「選挙へ行かない君へ」
http://ototake.com/mail/245/



プロフィール



●HN
YURI
●所属
洗足学園音楽大学
音楽音響デザイン
2011年入学
劇伴作曲専攻
●マイブーム
家計簿を付ける事
●好きな言葉
”辛いと思いながら努力”するより”楽しみながら努力”をできるようにしよう
●一言
洗足でドラマや映画の
BGMを作れるように日々頑張ってます
まだまだ未熟者ですが
よろしくお願いします!