« 録音について | メイン | ブルックナーとオケの演奏会 »

2013年11月23日 (土)

怪奇?!絶対音感の人にだけ副作用が出る薬

※この記事は某風邪薬について否定するつもりは一切ございません。

※音楽家側からの副作用に対する意見としてご理解いただければと思います。


風邪が流行している季節になってまいりましたが

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、先日音デの教室が密集する

ブラックホールの3Fのベンチでレッスンを待っていたら

同じ門下の超優秀なスーパー後輩 ”Iちゃん” から

奇妙?な話を聞いたのでブログに書いてみようと思います

(ちなみにIちゃんは私なんて足元にも及ばない超天才女流作曲家です!)

Iちゃんは風邪を引いてお医者さんに咳止めの薬をいただいたそうなのですが

その薬を飲んでからなんとすべての音が半音下がって聞こえるように

なってしまったのですrain

そんな馬鹿な?!と思ったのですが

調べてみるといくつか絶対音感と音楽家の天敵になる

薬が有るらしく・・Iちゃんの咳止め薬もばっちり入っておりましたcloud

怖いですねsad

ニコニコ大百科

まとめ

しかしこの副作用、絶対音感を持っていないとわからないらしく

副作用の報告数も異常に少なくお医者さんも

絶対音感の患者さんを持ったのは初めてだったようで

Iちゃんは薬が抜ける一週間ほど全ての音が反音下に

聞こえるようになってしまったようなのですsweat01

薬をやめればすぐに音程はもとに戻るようですが

音感が仕事の一部になってしまっている音楽家にとっては

1週間ほど仕事が出来なくなってしまうのは怖いですよねthunder

皆さんも薬をのむときには副作用に注意して飲んでくださいね>_<

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/31964503

怪奇?!絶対音感の人にだけ副作用が出る薬を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール



●HN
YURI
●所属
洗足学園音楽大学
音楽音響デザイン
2011年入学
劇伴作曲専攻
●マイブーム
家計簿を付ける事
●好きな言葉
”辛いと思いながら努力”するより”楽しみながら努力”をできるようにしよう
●一言
洗足でドラマや映画の
BGMを作れるように日々頑張ってます
まだまだ未熟者ですが
よろしくお願いします!