« 2年生で役に立った授業2 | メイン | 音デ生の演奏会実習 »

2013年3月 4日 (月)

【映画レビュー】テルマエロマエ

暫くやっていなかった映画レビューですが


この長い春休みを利用してDVDを沢山見てきたので


今回から更新を再開致します!sun



まずは邦画から「テルマエロマエ」です。


20120514_132734


【ストーリー】


ギリシャで伝統的な風呂作りを学んだ


ルシウス(阿部寛)は伝統的な造りを重視する


真面目なローマ人の風呂職人。


だが、ローマの流行に乗り遅れ


ついには職を失ってしまう。



200_2


気晴らしに友人とテルマエ(ローマ帝国の公衆浴場)にやってきた

ルシウスだが騒がしい浴場に嫌気が差し


お湯の中に潜ったルシウスは不気味な排水溝を見つけて・・・。


もしも古代ローマ人が日本の温泉からインスピレーションを受けたら


どうなるかをイタリアロケも交えて描いた大作映画です。



【感想】

個人的には気に入りました!



話に若干アレンジが加えらえれていたりもしますが



100分の映画としては話がスムーズに流れて行って



良いまとまりの作品になったのでは?と思います。





▲原作は同名のコミックス本です。



あと、個人的にツボにハマったのが主演の阿部寛さん。


最初は日本人がローマ人を演じられるのか?sweat01と心配していましたが


この人に限っては全く心配いらないですsun


むしろ周りのエキストラさんと見事に同化していました←


ちなみかつてのローマ人は黒髪、黒目で


堀の深い顔立ちの深い人だったと言われており

全然違和感が無いどころか阿部さんの熱演も相まって

途中から阿部寛さんがローマ人にしか見えなくなってしまいました(笑)


阿部寛が少しでも好きな人は是非見てもらいたい映画ですup


私はこれを見てファンになりました←
Sub1_large
▲現地の女性にイタリア人と間違われた阿部寛さん。映画を見て納得です。





トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/31007899

【映画レビュー】テルマエロマエを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール



●HN
YURI
●所属
洗足学園音楽大学
音楽音響デザイン
2011年入学
劇伴作曲専攻
●マイブーム
家計簿を付ける事
●好きな言葉
”辛いと思いながら努力”するより”楽しみながら努力”をできるようにしよう
●一言
洗足でドラマや映画の
BGMを作れるように日々頑張ってます
まだまだ未熟者ですが
よろしくお願いします!