« Kamakura | メイン | メタルブルーアメリか…… »

2010年7月 8日 (木)

Raul De Souza (Raulzinho) / A Vontade Mesmo (1965)

ヴォンターヂ・メズモ(紙ジャケット仕様)
ハウル・ヂ・ソウザ
BMG JAPAN (2008-07-09)
売り上げランキング: 56084
おすすめ度の平均: 5.0
5 ジャズ・ファンにもおなじみラウル・ジ・ソウザ(tb)1965年作


YouTube: a vontade mesmo - raulzinho ('65)

アイアート・モレイラやフローラ・プリムなどと共に渡米し、アメリカのジャズ/フュージョン畑での録音もあるトロンボーン奏者ハウル・ヂ・ソウザ(ラウル・ジ・ソウザ、ラウルジーニョ)のリーダー作。 バルバルと吹き抜ける怒涛のバルブトロンボーン、スライド式と違う強烈な音色とメンバー全員の気迫。リズム隊はサンバランソ・トリオ。アイアート・モレイラのドラムが痛快。とにかく聴いていて気持ちのいいテンションの上がるブラジリアン・ジャズ。DJでガンガンかけたくなるような奴。クライマックスで。表題曲であるM-1「À Vontade Mesmo」、Duke JordanのハードバップナンバーM-6「Jor-Du」、エヴァやシナトラとは全く違う世界のM-8「Fly Me To The Moon」、全部最高。こういうのが500枚とか1000枚プレスしてはいそれまでプレミア価格、ってなってしまうのはとても悲しい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/241071/24552907

Raul De Souza (Raulzinho) / A Vontade Mesmo (1965)を参照しているブログ:

コメント


チ ン ポ食われてんじゃね!?ってぐらいスゴイ締めつけ!!
もー気持ちよすぎて何回出したか分かんねwwwww(^^;)

しかもこんな極上のマ ヌ コ味わって7万もらったし!
最近の女の子どうなってんのマジでwwwwww
http://tida.psyrents.net/t624ux6/

コメントを投稿