« 2010年3月 | メイン

2010年4月

2010年4月12日 (月)

あっという間の一週間 MS帰国日

パッキングをしながら歌っていたら…朝!!!

Img_0249_10

時計をみて驚き!!!
あわててお風呂に入り、スーツケースを閉めてバスへ乗り込みました。

空港では全員が無事に搭乗手続きを済ませ搭乗口へ…
あっという間に一週間が終わりです。
人間目の前に見たこと無いものが沢山
魅力ある物が沢山あれば
体力なんて溢れる程でてくるんですね…
実感しました。

まぁ、飛行機の中では爆睡…
気付けばご飯…寝て…ご飯…着陸
あっという間に成田ですw

このような機会を与えてくれた学校
協力してくれた両親
支えてくれた方々に感謝感謝の一週間でした。

この一週間を忘れずにこれから目標へと進んで行きたいと思います。

名残おしい一日 MS7日目

  今日はとうとう最終日・・・
寂しいです。
まだまだ受けたいレッスンはあったのに買い物も行きたいし・・・
あと一週間欲しい!!!!
でもあと一週間あったら今回持ってきたお金じゃ足りないだろうなw
またバイトしてお金貯めて英語克服してアメリカ人が笑ってるシーンで同じ感覚で笑ってやるのが目標w

今日も朝からレッスンへ
10:00~11:30  JAZZ FUNK
先生はBDC唯一の日本人の女性
でももうアメリカ人でしたw
国籍がどうとかじゃなくて腹筋の量w
死ぬかと正直思いました。
体は起きてない
筋肉痛は引き続き
曲は速い
周りのアメリカ人たちは元気で自信に満ち溢れてましたw
言葉が分からないことをいいことに周りのことは気にせずダンスに没頭
一週間でダンスが上手くなるわけは無いんだから
ここで自分の課題が見つかればいいんだと再確認
日本で出来ることは山盛りです

レッスンが終わり汗もひかぬままお買い物へ・・・
ここで買い物を終わらせないと帰国まで買い物に行けないんです
私の貯金の手伝いをしてくれた母に
今の大学を応援してくれている父に
お餞別をくれた祖母に叔父に叔母に
お土産買ってな~~~~~~い!!!!
忘れてたわけじゃなくて巡りあえなかったお土産たち
HERCYSやM&Msへ行きお買い物終了!

それから・・・・
この研修に行けると決まってからすぐに取ったチケットのミュージカルへ
この作品映画が原作なんですが、小学校の頃に上映されて公開を楽しみにしていたのに
地元の映画館ではどこでも上映されなかった代物w
一年ほど経ってTSUTAYAで見つけて母に頼み込んでカードを作ってもらった記憶がありますw

この研修最後の作品は8本目
Billy Elliot
昨年トニー賞を獲得したこの作品は期待大
イギリス北部が舞台
主人公ビリーは父親からやりたくないボクシングを習わせられており
ストの影響でボクシングのスタジオの隣で行われるようになったバレエのレッスンに心奪われて…
という物語♪

最初の印象は“引き出し”w
様々なシーンが上手、下手それぞれにある壁からセットが出てきて展開していく!
文字では表し辛いです・・・

子どものキャストが沢山出演しておりお客様の層も様々
ビリー役の男の子のダンスには始終鳥肌です。
ダンスだけであんなに涙が出てくるものなんだと感動しました。
日本にもブロードウェイキャストで来てくれないかな…と思ったり
NYで観ないと感動は薄れるのかな?と思ったり
日本人で出来るのかな?と思ったり

ビリー役はもちろん注目なのですが、
ビリーの友人マイケル役の男の子も最高!!!!
女の子にあこがれている男の子役なんですけど、どこまで本当なのか不思議でしょうがなかった
くらいお芝居が上手いんです!
最後のマイケルがビリーを呼び止めるシーンは一言マイケルが叫んだだけで涙
お芝居だけじゃなくて歌もダンスも・・・・って
体は子どもなんですが中身は大人でした。

そしてこの観劇ではハプニング発生
二幕目最初子どもビリーと青年ビリーのダンスシーン
子どもビリーがワイヤーで飛ぶんですが、着地後のワイヤーが外れなかったらしく青年ビリーあたふた…
袖からスタッフさんらしき黒服の人たちが4人歩いて登場…
走らんのかい!とちょっと心でツッコミw
さすがロングラン作品慌てないw
その4人でもワイヤーが外れず幕が閉まっていきました…
ここで5分休憩w
アナウンスが流れた瞬間爆笑の渦…お客様が暖かい
そしてまた幕が開けば盛大な拍手で始まりました
まっスタッフの方は慌てているようには見えませんでしたが、青年ビリーは幕が閉まりながら落ち込んでる姿が見られました
ちょっとレアな体験♪

Img_0196

研修最後の観劇に相応しい作品♪
どの作品も自分の心を揺さぶるものでした。
この感動がこれからのバネになるといいな・・・
バネにしてがんばる力を蓄えた気がします。

そして一旦ホテルに戻り…
ロビーに集合!!!
MSの生徒、先生方、BH事務局の方皆である場所へ…
地下鉄に乗って、15分くらい歩いて…
着いた先は…船!!!

この船に乗って夜のNYをクルージング♪

Img_0230

エンパイアから見た夜景も素敵でしたが、船から見る夜景もまた素敵!
綺麗な灯りに包まれた感じでした♪

船の中ではお食事を皆でいただきます!
とても高級感に溢れていてドキドキ…美味しいんだけど…なんか背伸びをしている感じでしたw

Img_0246_10

そして…外を見ていると…NYの象徴がお目見えw
船の上から自由の女神を拝みましたw
船の甲板ではとっても寒いんですがテンションが高い高いw
デジカメに携帯に取り出して各々お写真撮影!

私の勝手な偏見ですが、アメリカ人でも自由の女神を見たこと無い人いるんですね…
甲板で可愛い女性が
「彼女はとても綺麗ね!私は初めて見るんだけどあなたは?」
といきなり声をかけてくれました。
この話に答えながら“初めて”という言葉に驚き
よく考えれば、日本人で東京タワーを見たことないのと一緒なんですけどw

Img_0243

学校の計らいでのこのナイトクルージング
とても素敵な夜を過ごすことが出来ました♪

そしてホテルに戻ってからはパッキング!!
沢山の思い出と共に重さを気にしながらお土産を詰め…
夜が更けていきました

踊って・歩いて・眠っちゃった日・・・ MS6日目

3/9の日記

今日は朝からBDCのレッスンへ
そのお陰で3/8の日記が更新できませんでした。

さて研修5回目のレッスンは・・・
10:30~12:00  Hip-Hop

155cm位の小さな女の先生のレッスン
レッスンはHipHopですが最初の音楽はジャンルで言うとHouseだとの事。
レッスンはきちんとHipHopでした♪
私はあまり詳しくないですが、先生が
「Houseの音楽が好きなの~」的なことをいってました。

振り付け自体は繰り返し細かく教えてくださるので音楽に合わせて踊ることが出来ました。
様になってたかどうかは・・・w

ダンスのレッスンを受けて4回目
そして昨日は3つ連続で受けたため体はやっぱり筋肉痛・・・
でもアメリカ人とにかく腹筋をするんです・・・
一回のストレッチの中に5~6種類の腹筋は必ずします。
結構速い音楽に合わせて腹筋をするのでお腹は大分ピクピクしてました。
こんだけ毎回腹筋すれば女性でもムキムキになりますねw

それから同じ部屋の同級生とお買い物へ

ホテル近くにあるMacysへ
初日に行ったときは一階の値札にびびったので勇気をだして他の階へ
2階より上に行くと意外と手の出せる服がありました。
レッスン用に可愛いTシャツを購入
どんどん上に上がっていくと木造のエスカレーターがありました!
ごとごとがたがたレトロな音を響かせて木の擦れた色合いがこのデパートの年季を感じさせてくれます。
一通り地下まで見た後、腹ごしらえw

ホテル近くにある韓国デリへ
ここに行くまでに黒人男性に絡まれる(ナンパ?)というハプニング
この同級生と二人で歩いていて黒人男性に絡まれるのは2回目・・・w
「一緒にご飯行こうよ~」
「今からNY案内してあげる!」etc
いくらかっこよくてもお断りですw
昼間だったことと、好意的な態度だったのでビビリましたがなんとか交わして目的地へ

ホテルがKoreanWayにある為韓国料理のお店が沢山
そして辛いけど美味しい
チョンマル マシッソヨ~♪

腹ごしらえが済んだらちょっと遠出
地下鉄で15分ほど行ったところにあるセンチュリー21へ
駅から地上に出てから目の前が何の通りなのかさっぱり分からず上とガイドブックを見比べていたら、
後ろから声が・・・
振り向くと信号待ちしてるおじ様が車の中から声をかけてくれました。
ビビリながら良く聞くと
「どこに行きたいの?グラウンドゼロ?」
「センチュリー21」と答えると
笑顔で道を教えてくれました♪車の中からw
スリが多い国でなかなか人を信じることの出来ない国ですが、こんな優しい人がいるってことも忘れちゃいけませんね

そして教えられた道を行くと・・・
グラウンドゼロ。
ビルがところ狭しと並んでいる場所にぽっかりと穴が
工事中で新しい建物の建設中ではありますが本当に穴・・・
中2の9月12日夜中の1時ごろリアルタイムでニュースを見ていたのを鮮明に覚えています。
二つのビルが崩れていく瞬間
父の「テロだ!」の一言で血の気が引いた瞬間
「戦争が始まる」と真剣に考えた瞬間
テレビで見てるだけではやはり第三者です。
この場所に立ってあのニュースを思い出しただけでゾッとしました。

このグラウンドゼロの真向かいがセンチュリー21
気持ちを切り替えてお買い物
わざわざここに来たのには理由があって、昨年研修に行ったメンバーに頼まれたお使いがあったのですw
とりあえずお使いを済ませたら店内を散策
とっても可愛いスリッパと
日本ではサイズが見つからずいつもかわいそうな思いをしている弟へスニーカーを購入
これで誕生日プレゼント分は飛びましたww
自分は足がちっちゃいのでサイズはあっても可愛いものが見つからず断念・・・
日本にも可愛いものはあるのでわざわざ買わなくてもいっか♪
ここでの買い物は・・・・お使いだけで自分にはスリッパだけで・・・袋二つ・・・
一抹の不安は空港で超過料金をとられないかと言うこと・・・
がんばってみますw

それからホテル方面へ
この途中で一度地下鉄を降りて、日本でもエコバックで有名な
DEAN&DELUCA本店へ
とっても高級なスーパーマーケットという印象を受けましたw
そしてここでもお使いのエコバックを購入
日本で購入できるものと違い言われないとエコバックなんて考えもつかないものでしたw
とってもおしゃれ♪

再度地下鉄に乗ってホテルへ
荷物をぱっぱと部屋において劇場へ
7本目のミュージカルは
A Little Night Music
昨年、一昨年とMSの3年生が本公演で上演したInto The Woodsの作曲家
スティーブン・ソンドハイムさんの作品
相変わらず音楽は迷宮に入っていきそうな曲でした。
自分自身音取りで苦しんだのを思い出し、これ自分だったらどれだけ時間がかかるんだろ・・・
それをプロはどのくらいでやってのけてしまうんだろう・・・
とか思ってましたw

キャストに映画CHICAGOで有名な
キャサリン・ゼタ・ジョーンズさんがいらっしゃって、出てきた瞬間歓声が
映画の人物を生で見ちゃった~!って静かな音楽が流れる中思ってましたw

あらすじは・・・
さすがソンドハイムさん・・・複雑です・・・
元カノ、正妻、愛人にメイドいろんな男女の恋愛模様が複雑に絡み合ってて・・・
音楽が子守唄になって・・・・・・・
・・・・・寝ちゃいました・・・・・
ショックでした。
NYに来てどんなに疲れていてもミュージカルでは寝なかったのに
耳では音楽を聞いていて目は閉じている不思議な感覚

でもメイドさんの歌声が始まって瞬間に目がパッチリ覚めました。
キャサリンもCHICAGOに出ていただけあって歌のパワーは感じたのですが、
私はキャサリンの元彼のメイドさん(・・・複雑)の歌声が一番!
一番印象に残りました。

舞台のセットはシンプルに見えてそうでもなく、
同じ壁が4種類の壁に一瞬にしてかわり
額縁があったらキャサリンの部屋
鏡だったらキャサリンのお母さんのお家
木だったら森の中
と一瞬にして変わって行きました。

音楽は正直・・・おんなじに聞こえてしまいました・・・・
自分の不勉強と知識のなさで良さが分からなかったのかもしれません。
調べるならもうちょっとしっかり調べればよかった・・・
あらすじをざっと読んだだけじゃダメでした・・・

英語が分かるようになってリベンジしたい作品となりました♪

観劇が終わりお腹ペコペコ
同級生と私3人で昼間行った韓国デリへ
また食べたくなって行ったのですが、残念ながらお惣菜は終ってしまいお弁当のみ
他のお店に行くのも面倒なのでお弁当を購入
相変わらずサイズがデカイ!
部屋に行って食べましたが、半分食べてお腹一杯・・・
これ以上食べたらお腹が痛くなりそうだったのでおしまい

明日はとうとう研修最終日・・・
本当にあっという間の研修期間でした。
楽しみにしている舞台があるので明日一日を有意義に過ごします。